Zwiftで超安定:POLARのアームバンド心拍計

Zwiftで超安定して使える心拍計をご紹介します。ストレスフリーなのでZwiftに集中して取り組めるようになります。

Zwiftで超安定する心拍計

ご紹介したいのは、POLAR(ポラール)社のVERITY SENSEです。

POLARの心拍計を紹介する画像
Zwiftでも実走でも使えるPOLARの心拍計

前腕に巻き付けて計測するアームバンド型の心拍計になります。BluetoothとANT+の両方に対応していますので、Zwift(スマホ、AppleTV 4K、PC)でも実走でも使えます

商品には、本体、ベルト、USB充電器、スイム計測(ゴーグル使用)アタッチメントが含まれています。

連続で使えるのはフル充電から30時間とされていますが、Zwiftで使っている限りはそんなには持たない印象です。3日に1回くらいの頻度で充電しています。

POLARのZwiftサポートについて

公式HPの互換アプリ一覧には「Zwift」は見当たりませんが問題なく使えています

※POLAR社:1977年創業の心拍計メーカー。公式HP:https://www.polar.com/ja

Zwiftで使った感想

この商品のいいところは、アームバンドと安定計測です。

アームバンド式は装着が楽

これまで使っていたのは胸ベルト式のセンサー(HR-12)でした。服をまくり上げて体に巻き付けて電極パッドを濡らしてと「走行前の儀式」が必要でした。

このPOLARは、ベルトにパチッとハメて腕を通すだけ。ベルトは調整も簡単だし伸縮性のある素材なので圧迫感はありません。多くの方にフィットすると思います。

本体のスイッチを押すと電源が入ってペアリングを開始します。特に何も設定しなくてもZwiftとリンクしてくれます。

安定計測でストレスなし

この心拍計は超安定しててストレスフリー、ライドに集中できます。

Verity senseが安定して心拍計測することを示すための画像
途切れる気配すらない心拍計測(赤線)

ちなみにAppleTV 4KとのBluetooth接続で運用しています。

類似品の倍近い価格

デメリットを上げるなら、その価格です。類似品は数千円から購入できるのに対して、12000円前後とほぼ倍になる。これでうまく使えなかったらどうしよう?と悩みましたけど、思い切って購入して正解でした。

カタログには表れない超安定っぷりで満足度は高いです。

電池は6時間程度なら余裕

Zwiftで最長バッジルートとなるロンドンのPRL FULLコースを走ってみました。170km以上の距離と2000m以上の累計獲得標高で6時間以上かかりましたが、電池切れも計測不安定もありませんでした。

Zwiftで6時間以上走っても計測切れを起こさなかったことを示す画像
6時間以上走っても電池切れはなかった

Zwiftで使うのであれば、電池の心配は不要かと思います。

ベルトのマジックテープが弱い

使い始めて半年が経過したVerity Senseを紹介するための画像
ベルトのマジックテープ部分が反り返ってきた

ほぼ毎日使って半年が経過して感じることは「ベルトのマジックテープ部分が弱い」です。画像のように少し反り返ってきてしまいました。洗濯機で衣類と一緒に洗濯しているので、劣化したようです。

ちなみに交換ベルトはAmazonで購入できます。

消耗品の購入履歴

消耗品の購入履歴です。在庫のあるうちに予備のベルトを1つ購入しておきました。

日付内容
2022年2月新規購入
2022年8月交換用ベルトを購入
購入記録

まとめ

Zwiftで安定して計測できる心拍計、POLARのVERITY SENSEをご紹介しました。類似品に比べると高価ですがストレスフリーでZwiftに集中できます。

メリットデメリット
安定計測、扱いが楽高価、ベルトの耐久性
POLAR Verity Senseの評価

スポンサーリンク