Zwiftがガーミンウォッチを認識しない

2019年2月22日

認識してくれない

ガーミンウォッチを使ってZwiftをすれば心拍計は買わなくて済む!と思ったけど、認識してくれない。なぜなのか?この記事ではその原因をご紹介します。

Zwiftがガーミンを認識しない

手持ちのガーミンウォッチ「VIVOACTIVE3」には心拍計測機能があります。なので、そのデータをZwiftに飛ばせばZwift上に心拍データが出るはず・・・だが、なぜか認識してくれない。

garmin vivoactive3の画像
ガーミンvivoactive3

スマホとガーミンウォッチは、ガーミンコネクトを使ってペアリング済み。ちなみに、Bluetoothでつながっている。ガーミンコネクトアプリでは、リアルタイムの心拍データも見れる。

Zwiftがこの心拍データを拾ってくれればいいのだが・・・拾ってくれない。

心拍転送モードではiPhoneに送れない

心拍数の画面を長押しすると、心拍計設定ができる。この一番下に「心拍転送モード」がある。順に設定していくと下のような画面になる。

ガーミンウォッチの心拍転送モードを紹介する画像
心拍転送モードの設定

左から設定して右に進む。一番右の画面になったら心拍転送モードが始まっている。しかし、Zwiftのペアリング画面に現れてくれない。

認識してくれない理由

認識してくれない理由は、通信規格の違いであった。ガーミンの心拍転送モードは「ANT+」という規格(ガーミン傘下の会社によるもの)でしか送れない。一方で、iPhoneには「ANT+」を受信する機能がない。互いに言語が違うので会話ができないようなもの。

GarminコネクトはBluetoothでつながるのに・・・と若干、納得がいかない。

現実的な対策

現実的な対策として、素直にBluetoothの心拍計を購入しました。あっという間に接続成功。

購入した心拍計がこちら↓

CATEYE 心拍センサーHR-12
iPhoneのZwiftで認識できる心拍センサー

他の選択肢として、iPhone用のANTトングルとアダプタを買うことも可能だけど、心拍計の方が安かった。

まとめ

Garminウォッチの心拍データは、通信規格の違いでZwift(iPhone)には送れません。受け取る側がiPhoneの場合は、Bluetoothに対応した心拍計が必要です。

機材

Posted by Zippy