Zwiftがガーミンウォッチを認識しない

garmin vivoactive3の画像
ガーミンvivoactive3

ガーミンウォッチを使ってZwiftをすれば心拍計は買わなくて済む!と思ったけど、認識してくれない。なぜなのか?この記事ではその原因をご紹介します。

Zwiftがガーミンを認識しない

手持ちのガーミンウォッチ「VIVOACTIVE3」は心拍計測できるので、そのデータをZwiftに飛ばそう!・・・だが、なぜか認識してくれない。

スマホ(Zwiftマシン)とガーミンウォッチはペアリング済み。しかもBluetoothでつながっている。ガーミンコネクトアプリでは、リアルタイムの心拍データも見れる。

しかしZwiftはこの心拍データを頑なに拾ってくれない。なぜ?

心拍転送モードではiPhoneに送れない

心拍数の画面を長押しすると、心拍計設定ができる。この一番下に「心拍転送モード」がある。順に設定していくと下のような画面になる。

ガーミンウォッチの心拍転送モードを紹介する画像
心拍転送モードの設定

左から設定して右に進む。一番右の画面になったら心拍転送モードが始まっている。しかし、Zwiftはこの心拍数を拾うことはなかった。

認識してくれない理由

認識しない理由は、心拍転送モードの通信規格だった。心拍転送モードは「ANT+」規格(ガーミン傘下の会社によるもの)のみ対応。

一方でiPhoneには「ANT+」を受信する機能がない。言語が違うので会話ができないようなもの。

GarminコネクトはBluetoothでつながるのに・・・と納得いかないけど仕方ない。

現実的な対策

現実的な対策としては、

  1. Garminとスマホ(iPhone)の間に翻訳してくれるアダプタを装着する
  2. Bluetooth心拍計を使う

この二つ。おすすめはBluetoothの心拍計を使うこと。接続が断然安定してるからです。

当初はHR-12という胸ベルトの心拍計を購入して3年近く愛用していましたが、現在はPOLARのアームバンド心拍計を使っています。HR-12よりも取り扱いが楽で、接続も安定しています。充電式なので電池交換も必要ありません。

電源を入れればあっという間に接続できます。

POLAR 心拍センサー Verity Sense
アームバンドタイプのBluetooth心拍計
memo

ANT+は電波が弱くて電子レンジと干渉して落ちる↓など接続が不安定です。ZwiftをするならBluetoothをおススメします。

電子レンジでZwiftの「ANT+」パワーメーターが落ちる場合の対策

まとめ

Garminウォッチの心拍データは、通信規格の違いでZwift(iPhone)には送れません。受け取る側がiPhoneの場合は、Bluetoothに対応した心拍計が必要です。

POLAR 心拍センサー Verity Sense
アームバンドタイプのBluetooth心拍計