Zwiftデータをガーミンと連携して一元管理する

2018年12月20日

ZwiftデータをGarminコネクトと連携させる記事のタイトル画像
ZwiftデータをGARMINコネクトへ

Zwiftとガーミンコネクトを連携させて、サイクリングデータを一元管理する方法をご紹介します。

Zwiftのマイページでアカウントを連動させる

Zwiftマイページにアクセスして、左上の「SETTINGS」をクリック。

ZwiftデータをGarminと連携させる手順を説明するための画像1
「SETTINGS」をクリック

画面左下の「CONNECTIONS」をクリック。

ZwiftデータをGarminと連携させる手順を説明するための画像2
「CONNECTIONS」をクリック

下にスクロールしてGARMINを探して「CONNECT」をクリック。

ZwiftデータをGarminと連携させる手順を説明するための画像3
「CONNECT」をクリック

ガーミンのアカウント情報を入力してサインイン。Garmin下が「DISCONNECT」表示に変わったら連携完了。

連携は次回のライドから

連携は次回のライドから適用される。ライドレポートを保存する時、右下のGARMINがアクティブになっていればオッケー。

GARMINとの連携が完了したZWIFTの保存画面
右にGARMINと白く表示されていればOK

試しにガーミンにアップロードされたZwiftデータを見ると以下のように。

Zwiftデータをガーミンコネクトで閲覧できたことを説明する画像
GARMINコネクトからZwiftデータを閲覧できた

心拍計をつけてなかった頃のデータ↓

ガーミンコネクトで閲覧できたZwiftデータ
ガーミンコネクトで閲覧できたZwiftデータ

※後日、心拍センサーを購入しました↓

連携前のデータは、ダウンロード&インポート

アカウント連携前のデータは、ダウンロードして取り込む。Zwiftマイページからデータをダウンロードして、GarminConnectにアップロードすればいい。

Zwiftマイページからデータをダウンロード
Zwiftマイページからデータをダウンロード

ガーミンコネクトの右上にあるアップロードをクリック。ダウンロードしたデータを選択してアップロードする。

ファイルをガーミンコネクトにアップロード
ファイルをガーミンコネクトにアップロード

(※)まれにアップロード出来ないデータもあるようです・・・

まとめ

ZwiftのライドデータをGarminに自動アップロードさせる方法をご紹介しました。

リアルとバーチャルの累計距離や消費カロリーを一元管理できて便利です。

Zwift

Posted by 無限ゼロ