ゲームPCでZwiftを楽しんだら別世界だった

2021年8月16日

ゲームPCでZwiftをするとどうなるのか。日頃からiPhone8やビジネス用のノートPCでZwiftしている管理人が試してみました。

ゲームPCのスペック

ゲームPCの内部画像
ゲームPCでZwiftの各ワールドを走ってみた

テストしたゲームPCは、Amazonでパーツを揃えて初自作したオリジナルのもの。主な構成は以下の通り。

  • CPU:RYZEN5 3600
  • メモリ:16GB
  • GPU:RTX2060
  • OS:Windows10

今回、持ち主が受験を控えていて「ゲームを封印する」というので拝借できた。

ゲームPCがあれば「このアプリは応答していません!」なんて悲しいメッセージに出会うこともなくなる?大人数でのレースでも落ちない?ワールド表現はどうなる?

ゲームPCと各種センサーを接続

4iiiiパワーメーターを紹介する画像
4iiiiパワーメーターをPCに接続

パワーメーター(4iiii)と心拍計(ガーミンウォッチ)をZwiftに接続するために、ANT+USBアダプタを購入。さらに、Bluetoothアダプタも購入してスマホとPCを連動させました。

本体上部に2つのUSBアダプタが挿入されたPCを紹介する画像
本体上部に2つのUSBアダプタを装着した

クリックでAmazonの詳細ページ↓をご覧になれます。

いずれもUSBコネクタに挿入するだけで認識してくれた。簡単でおすすめ。

Garminウォッチを認識したZwift画面
心拍センサーとパワーメーターが認識された

心拍センサー、パワーメーターともにスムーズに認識してくれる。

Zwiftを1080p、75FPSで走った画像

ゲームPC上のZwift設定は、

  1. 解像度:1080p
  2. フルスクリーンモード
  3. パワーセーブなし

とした。この設定でフレームレートは70~75FPS前後でした。クッキリ遠くまで見えるし、水面やヘルメットに反射する光がキラキラして美しい。また、自分の影がしっかりと自転車を漕いでることにも驚きました。

ここからは画像ギャラリーでお届けします。実際の画面はもっとキレイです。

※パケット削減のために画像はかなり圧縮してます

ワトピア

ヘルメットに反射する光が再現されていることを紹介する画像
ヘルメットに反射する光がまぶしい

路面のザラザラ感も表現されてる。

ワトピアの海底トンネルを紹介する画像
ワトピアの海底トンネル
ワトピアの海底トンネルを紹介する画像
海底トンネルでイルカと並走できる

ニューヨークシティ

ゲームPCでZwiftしている画面を紹介する画像
床が透けて見えるハイラインコース

ハイラインコースを走ると路面が透けて見え、地上の様子がよくわかるようになっていた。

インズブルック

晴天のライドでは路面に自分の影がクッキリ表示される。現実感がアップして気分が上がる。

インズブルックの山を紹介する画像
影と一緒に漕ぐ

iPhone8では、晴天でも影がなかった↓。全体的にコントラストに乏しい色合いで、表示されるライダー数も負荷を減らすために前後3人ずつだった。ゲームPCでは前後6人ずつ表示されます。

iPhone8のZwift画面には影がない

ゲームPCの場合は、脚の影もしっかり漕いでる。

インズブルックコースで立ちこぎしている画像
影も立ちこぎしてる
モノレールに設置された装飾を伝える画像
モノレールに装飾があった

ロンドン

月面がリアルに再現されたZwiftの画面
月面がリアルに表現されている
Zwiftの中で自分の影と走っている画像
千切れても影が一緒に走ってくれる

フランス

iPhone8では白壁だったモンサンミッシェル↓

iPhone8のZwift画面、モンサンミッシェルを紹介している画像
iPhone8のモンサンミッシェル

ゲームPCでは壁面と屋根の色がリアルに表現された。

ゲームPCでのZwift画面、モンサンミッシェルを紹介している画像
ゲームPCでのモンサンミッシェル

背景の雲はほぼ同じ形をしている。

マクリ島

マクリ島は日本をモチーフにしたコースの様で、変化に富んでいる。かやぶき屋根の家屋や紅葉も細かく表現されている。

マクリ島の風景を紹介する画像
マクリ島の風景

石垣も立体感があるし、黄色い中央線も消えかかっていてリアル。

マクリ島コースにいるタヌキを紹介する画像
道端のタヌキもリアルで怖い

桜もキラキラして美しいし、木漏れ日が背中や路面にも表現されている。

マクリ島の桜を紹介する画像
マクリ島の桜もより美しく

という具合に景色に見とれていると、いつのまにか千切れてます><;

マクリ島で巨大カボチャを収穫している風景の画像
巨大カボチャの収穫を手伝ってくれと・・・

グループライドは55FPS

グループワークアウト

60人ほどで行うグループワークアウトに参加したところ、フレームレートは55FPS前後でした。見た目はカクカクすることなく、いつも通りの感覚で走ることが出来ました。人が消えたり、ガイコツになったり、落ちてしまうことなく、無事に完走出来ました。

まとめ

ゲームPCでZwiftをしたらサクサク動くし、各ワールドの美しさに見とれて時間を忘れて走り続けてしまう。木漏れ日の下を走れば「ああ涼しい!」なんて感じるほど没入するし、動物たちとの出会いも楽しめる。

価格的にはスマートトレーナーと同程度になるゲームPCですが、投資する価値は十分あると感じました。

今回使用したPCは自作したものなので、同じものはご紹介できません。同等のゲームPCをご紹介しておきます。ご参考になれば幸いです 。
>> マウスコンピューターのG-Tune(Amazonページ)

グラフィックボードのみを購入されるなら、3060Tiシリーズがおすすめです。
>> 3060Tiシリーズ(Amazonページ)

スポンサーリンク

機材

Posted by M.Zero