キャットアイHR-12をZwiftに接続する方法

iPhoneのZwiftとキャットアイの心拍センサーHR-12を接続する法をご紹介します。

心拍センサーをZwiftに接続する方法

キャットアイ(CAT EYE)心拍センサーHR-12の商品内容を説明した画像
HR-12の同封物

キャットアイHR-12をZwiftに接続する手順をお伝えします。

ベルトにパチンと本体を取り付ける

上下の向きがあるので間違えないように取り付けてください。

ベルトを胸に巻きつける

緩いのもキツイのもNGです。

電極パッドを水で濡らす

左右2か所ある電極パッドを濡らすことで肌の電気抵抗を減らす効果があります。

の3ステップだけ。

HR-12には、オン/オフのスイッチはありません(裏にリセットボタンがあるのみ)。ベルトにパチッとハメることで自動的に電源が入る仕組みのようです。

この状態でZwiftを立ち上げると、下の画面のように認識してくれます。

Zwiftが心拍データを認識した画像
HR-12心拍センサーを認識したZwift画面

あとはZwiftを始めれば、ライド/ワークアウト中の心拍数が表示されます。

Zwiftのワークアウト画面に心拍数が表示されたことを説明する画像
ワークアウトでも心拍表示される

接続を解除する方法

Zwift終了後に接続を解除させるには、本体をベルトから取り外すだけです。電源がオフになって接続が途切れます。

まとめ

キャットアイのHR-12心拍センサーであれば、Zwiftとのペアリングはとても簡単です。他にもBluetooth方式であれば、iPhoneやiPadとペアリングはとても簡単です。

CATEYE 心拍センサーHR-12
iPhoneのZwiftで認識できる心拍センサー