Zwiftで1年@12000km走ったビフォーアフター

Zwiftをはじめて丸1年。走った距離は12,656km。

  • 脚力はついた?
  • FTPは?
  • 痩せた?
  • Zwift環境はどうなった?

そんな疑問にお答えします。

脚力は右肩上がり

まずはフィジカル面の変化から。

FTP(Functional Threshold Power)について

FTPが244から259に上昇したことを説明する画像
FTPは259wになった

脚力の目安となるFTP。当時はなんちゃってZpowerでしたけど、218W(2月)⇒259W(10月)まで上昇。

  • 218W(2019.2.22@初計測)
  • → 232W(2019.3.16)
  • → 239W(2019.3.21)
  • → 246W(2019.4.23)
  • → 248W(2019.4.26)
  • → 259W(2019.10.8)

一度、6月に落車して乗れなくなって228Wに落ち、再開して10月になりました。体重の減少もあってパワーウェイトレシオは2.9w/kgから3.8w/kgに(Zpowerなのでカテゴリなし)。

ヤビツで11分、箱根で14分短縮

ヤビツ峠と箱根での計測結果をご紹介します。

ヤビツ峠のタイム

ヤビツは1年で11分短縮。

ヤビツ峠ビフォーアフター
名古木~蓑毛バス停23分39秒18分9秒
~菜の花台23分9秒20分28秒
~ヤビツ峠20分32秒17分43秒
合計タイム1時間7分20秒56分20秒
ヤビツ峠の記録

箱根のタイム

箱根は14分短縮できた。

計測区間距離ビフォーアフター
箱根湯本~大平台3.8km22分20分
~宮ノ下交差点2.4km13分8分
~小涌園バス停2.3km16分15分
~1号最高地点4.4km31分25分
箱根湯本~最高地点12.9km1時間22分1時間8分
箱根ヒルクライムの記録

食事制限でマイナス6kg

「痩せるぞ!」と決心して始めたZwift。74kgからスタートした。その後、なぜか増え続けて夏には76.9kgに。アバターが太マッチョになって痩せたい気持ちに火がついた。

食事制限も始めて年末には68kgに。Zwiftだけでは痩せないと思う。大事なのは食事。

機材はほぼ変わらず

フィジカル面に比べると、トレーニング環境はほぼ変わってない。

ELITEの固定ローラーでZwift開始

Elite Qubo Fluidで練習していることを示す画像
静かでお気に入り

初めての固定ローラー、このQubo FluidでZwiftを開始しました。スマートトレーナーは高額で手が出ず、安価で静かというシンプルな理由でチョイスしました。

Zpowerなので、レースに参加しても公式リザルトとして扱ってもらえないのは残念ですが、買って後悔はしませんでした。とにかく静かだしシンプルな構造でトラブルなし。淡々と練習を続けられました。

思いっきりぶん回しても700W程度の脚力だし、苦情が来る前に脚が終わりますのでご近所トラブルもなかったです。

(※)2020年からパワーメーターでZwiftしています。

Zwiftのために心拍センサーを購入

キャットアイの心拍センサーHR-12を紹介するための画像
心拍数を計測するようになった

Zwift専用にBluetoothの心拍センサーを購入。ガーミンウォッチで心拍数は確認できるけど、Zwift画面に表示できなかった。

GarminとZwiftアプリの画像Zwiftがガーミンウォッチを認識しない

当時はお気に入りで3年近く使ってました。その後、POLARの心拍計を購入しています。

POLAR 心拍センサー Verity Sense
アームバンドタイプのBluetooth心拍計

耐久性のいいコペルトンタイヤ

固定ローラー専用タイヤのひび割れを説明する画像
12000kmでひび割れ発生

ELITEの室内トレーナー専用タイヤです。パンク1回して12000kmでひび割れも経験しました。その後、他のタイヤに浮気したらうるさいし、耐久性も全然ダメだったのでコペルトン最高だと思っています。

Elite Copertonタイヤ
静音でコスパがいいローラータイヤ

サイクルパンツはコスパがいいSanticをリピート

安価で品質も必要十分だと思ってます。しれっと改善されていたりするのもいい。

サイクルジャージを着た男性画像Santicの2020年版レーサーパンツを旧型と比較

サドル選びは迷走してPR3.0に

ism PR3.0サドルを紹介する画像
痛みがなくなった

迷走中のサドル選び。メルカリで売買を繰り返しました。

デフォルトサドルから、

  • → VELO PLUSH
  • → SMP HELL
  • → FIZIK ARIONE R3
  • → あさひカスタム
  • → パワー風サドル
  • → GIANT Contact Forward
  • → スペシャライズド(レディース)
  • → wiggleエンデュランス用

と交換。

現在愛用しているのはトライアスロン用のismPR3.0。やはりクッション大事。

ismPR3.0サドルを横から撮影した画像お尻の痛み、足のしびれが消えたismPR3.0サドル

乗り続けると乗り方も変わる。2021年にはブルックスサドルに乗り換えました。

ブルックスC17の背面画像を紹介する画像BROOKS Cambium C17(穴あき)でZwift中

1年Zwiftした結果 まとめ

Zwiftを始めてから1年が経過。当時は、乗れば乗るだけ速くなって記録も伸びたのでやめる理由が見当たらなかった。今より若かった、というのもある。

Zwiftに少しでも興味があるのなら、人生で一番若い「今」始めてスタートダッシュすれば1年後には3割増しの脚力になってるでしょう。

定額なので乗れば乗るほどお得だし世界中に自転車仲間ができるので、個人的にはプライスレスなベストアプリだと思っています。

スポンサーリンク