ZwiftアカデミーでFTPは上がるのか?参戦した結果をご報告

2021年の8月下旬から10月にかけて開催されたZwiftアカデミー2021。少しでもFTPが上がれば!と参戦させていただきました。

家族の冷ややかな目線にも負けずに必死の形相で取り組んだ結果を、ワークアウトと共にご紹介します。

ZwiftアカデミーでのFTP変化

アカデミー参戦前のFTPは235W。ランプテストで計測しました。20分よりも1分に向いている脚質なので、実際よりも高め。

そしてアカデミー後のFTPは、、、235W。全く変化なし!

FTPテストの結果を紹介する画像
ランプテストの結果は235Wで変わらず

オイオイ、あの苦労は何だったんだ!となりますが、ワークアウトの疲れのせいかも・・・そういうことにしておきましょう。

2021のワークアウトは6種類

ここからはZwiftアカデミー2021のワークアウトをご紹介します。全部で6種類。VO2Max向上に始まって、しきい値レベルアップ、乳酸耐性アップなど目的別メニューとなっています。

どれもキツかったけど、VO2Max(最大酸素摂取量)を鍛える最初の2つは特に苦しかった。

ワークアウト#1
VO2 Over/Unders
Zwift Academy 2021 #1 VO2 Over/Undersのワークアウト結果を紹介する画像
#1 VO2 Over/Undersワークアウト

FTP115%(2分)-95%(1分)-115%(1分)-95%(2分)を3セット。高い酸素消費量を維持するワークアウト。6分間踏みっぱなしでとにかく呼吸が苦しい。頑張って3回取り組みました。

ワークアウト#2
Peak VO2 Intervals
Zwift Academy 2021 #2 Peak VO2 Intervalsのワークアウト結果を紹介する画像
#2 Peak VO2 Intervalsワークアウト

FTP150%(30秒)-120%(1分)-95%(1分)を6セット。最後の95%は、1分、1分15秒、1分30秒と長くなっていく。ピークVO2に刺激を与え、有酸素能力と乳酸クリアランス能力を向上させる。

一つ一つが短いものの強度が高いので、脚がキツイ。必死に踏んでた。これも3回取り組みました。

ワークアウト#3
Lactate Tolerance
Zwift Academy 2021 #3 Lactate Toleranceのワークアウト結果を紹介する画像
#3 Lactate Toleranceワークアウト

FTP130%(30秒)-95%(1分)を3セット。乳酸耐性を強化してFTPを超える強度を長時間維持できるようにすることと、最大酸素摂取量を高めるためのワークアウト。

これも6分踏みっぱなしで地獄。これは2回だけ。

ワークアウト#4
Threshold Under/Overs
Zwift Academy 2021 #4 Threshold Under/Oversのワークアウト結果を紹介する画像
#4 Threshold Under/Oversワークアウト

FTP95%(1分)-102%(1分)を6回、これを2セットおこなうワークアウト。FTP付近で上げ下げしながら踏み続けることで、勾配やケイデンスの変化への対応力を高める。

強度は高くないものの12分踏みっぱなし。脚がヤバくて最後の2分が地獄だった。これは1回のみ。脚がもう回復しなかった。

ワークアウト#5
Upper Threshold Blocks
Zwift Academy 2021 #5 Upper Threshold Blocksのワークアウト結果を紹介する画像
#5 Upper Threshold Blocksワークアウト

※電子レンジ使用のため途中でANT+がドロップ

FTP105%(5分)-100%(5分)-95%(5分)の3パターンを順番変えて2回行う。FTP付近で合計30分踏むことで、強度耐性のしきい値を高めるワークアウト。

後半上げて行くのが体力的にキツイ、必死に耐えるだけでした。これも1回のみ。厳しすぎてやる気が起きなかった。

ワークアウト#6
FTP Boost
Zwift Academy 2021 #6 FTP Boostのワークアウト結果を紹介する画像
#6 FTP Boostワークアウト

FTP160%(30秒)のあと95%(4分)-100%(3分)を3セット。乳酸をためた状態で踏み続けることで、FTPを強化するワークアウト。

キツイのばかりやって慣れてきたのか、6つのワークアウトの中では比較的楽に感じられた。なんとか2回取り組みました。

Finishライドの結果

アカデミーの前後で同じコースを走ってタイム計測し、ビフォーアフターで成長を実感する企画がありました。

残念ながら頭悪くて英語が理解できておらず、ビフォーを全力で走らなかった。アカデミー後は真面目に計測しました。結果は以下の通り。

Zwift Academy2021の計測タイム
  • Titans Groove KOM Reverse:2分11秒
  • Watopia Sprint:27秒6
  • Volcano KOM:9分13秒

苦しくなってからの粘りにZwiftアカデミーの効果を感じとれました。

Zwiftアカデミー2022の結果

2022年も懲りずに挑戦しましたが、昨年辛すぎたのでFTPを220wと弱気に設定して取り組みました。Finishライドの結果は以下の通りです。

Zwift Academy2022の計測タイム
  • Titans Groove KOM Reverse:1分53秒
  • Watopia Sprint:25秒95
  • Volcano KOM:8分47秒

多少ですがなんとか記録更新できたのでモチベーションアップ中です。

まとめ

ZwiftアカデミーでFTP向上を目論見ましたが「変化なし」でした。50代ともなると記録更新は難しいのかも。参加された皆様、お疲れさまでした。また来年がんばります。

スポンサーリンク