結果を出すメンタルとZpowerの誤差:Zwift3年目での考察

2020年12月24日

Zwiftを始めて3年目に突入。満2年のお祝いメールが送られてきた。

Zwiftから届いた、2周年お祝いメール
2周年お祝いメール

現状のカテゴリCからBに一段上がるためには、練習したことに満足してるメンタルじゃダメ。

合気の超人:佐川幸義氏の著書から学んだ磨き続けるメンタルと、パワーメーター導入して気付いたZpowerの誤差についてお伝えします。

結果を出すためにすべきこと

乗れば乗るほど速くなる?1年目は面白いように脚力がついたけど、2年目はあまり変化を感じられなかった。

3年目、Zwiftで遊んでるだけではこれ以上の成長はない。

まずは「いかに効率よく漕ぐか?」という原点に戻ってポジションや身体の使い方を見直し始めた。

真っすぐにペダルを踏む、力を使わないペダリングを磨く。フォーム矯正と脚力アップはSFRに取り組んでる。

SFR(Slow Frequency Revolutions)

動画サイトにある解説動画が分かりやすい。後半の注意事項が大事なので見逃さないように。

脚の力を逃がさず使えるよう腰回りの強化に取り入れたのは四股。

  • どんな姿勢でも身体がグラグラしないようにするには?
  • 力を入れずに力を出すには?

90歳代でも人を吹っ飛ばしてた伝説の格闘家、佐川幸義氏の「透明な力」を読んで刺激を受けた。

人生をかけて技を磨き続けたからこその説得力で「抜きん出た存在になるには、考えて考えて考えて磨き続けるべし」と。

出来ないのは努力&思考不足。3年目は練習したことに満足せずに、考えて考えてペダリングを磨き続けたい。

Zpowerの誤差について

Elite社のMisuroB+
Elite社のMisuroB+

Zpowerは、固定ローラーの回転数から計算される。一見、正確な値を出し続けそうなものだけど時間と共にパワーが上がっていく。

原因は、液体抵抗の熱ダレ。

高温になるとサラサラになって(?)軽く回せちゃうのだ。辛い前半を乗り切ればパワーが出て来るので、「自分は後半型だ!」と勘違いしてた時期もあった。

パワーメーター導入して、決して後半型ではないと自覚できた。Zpowerとパワーメーターの誤差はどれほどなのか?

MisuroB+と4iiii左クランクパワーメーターで自己ベスト同士を比較した。

ZpowerのFTP
259W
FTPが244から259に上昇した画像
パワーメーターFTP
192W
パワーメーターで記録したFTP
ZpowerとパワーメーターのFTPの違い

単純比較で、ZpowerのFTPはパワーメーターの3割増し。パワーウェイトレシオは3.7→2.7w/kgになって、カテゴリBの上位からCの最下位レベルに・・・

Zpower、恐るべし。

まとめ

ダイエットしようと始めたZwiftも3年目に突入。考え抜いて課題を克服する高効率トレーニングと、Zpowerの誤差についてご紹介しました。

ペダリングを磨き続けて中級者の仲間入りをしたい。レースカテゴリCからB(3.2w/kg~)に上げたい。