クロスバイクを中古クロモリフレームから組み上げた

2020年10月13日

中古クロモリフレームから組み立てた自転車
中古クロモリフレームから組み立てた自転車

クロスバイクを自分好みの仕様にしたい!と思って、メルカリで中古フレームを購入。フロントシングルの街乗りクロスバイクを組み上げました。

メカ音痴なので出来るか不安でしたが、なんとかお気に入りの一台が完成しました。

クロスバイクの条件

クロスバイクの自作にあたり、

  1. クロモリフレーム
  2. 太いタイヤ

は最低条件とした。

クロモリフレームは乗り心地がよくて耐久性があるから。段差を乗り越えたり、重い荷物を背負ってもガシガシ使えるので街乗りにはピッタリ。

ただクロモリフレームタイヤが細いと乗り心地が硬めになるので、太いタイヤを履かせられるフレームがいい。手持ちのBASSOは700×25cまでで限界っぽいので、太いタイヤが使えなかった。

BASSOのクロスバイク「レスモ」
BASSOには太いタイヤが装着できなかった

乗り心地のいい「太いタイヤのクロモリクロスバイク」・・・そんなコンセプトで組み上げることにしました。イメージ的には、MTBとBASSOの中間くらい。

箱根の大平台と自転車で記念撮影している画像
MTBだと大平台で限界

早速、自作クロスバイクのパーツ探しを始めました。

パーツ探し

まず、メルカリで中古フレーム探しです。

シクロクロスのクロモリフレーム

見つけたのはシクロクロス用のクロモリフレーム。太いタイヤがつけられるし、1万4千円とお手頃な値段だったので即決しました。

IRCのMETROタイヤ(700×35c)

タイヤは700×35cのIRC「METRO」をチョイス。信頼の日本製で66tpi。

この「tpi」は数値が高いほどタイヤの繊維が細くて乗り心地がいい。

ちなみにBASSO標準のビットリアザフィーロ、調べたら27tpiでした。乗り心地が硬いと感じてたのは、このタイヤが原因だったかも。

ARAYA TX-733 ホイール

ARAYA TX-733リムとIRC METROタイヤ
ARAYA TX-733とIRC METRO

700×35cのタイヤを履かせられるホイールを探し、見つけたのはARAYAの「TX-733」。ツーリング用のホイールで、36スポーク仕様。

スポークが多いと重くなるけど、耐久性が上がって段差乗り越えにも強くなる。

Shimano FH-RS400ハブ

ホイールハブには「Shimano FH-RS400」を採用。ティアグラグレードで11速対応。スペーサーが付属してるので、8速で運用した。

フロントシングル×リア8速

ナローワイド38Tのシングルクランク
ナローワイド38T

フロントシングルにするため、ナローワイドギア(38T)をチョイス。スプロケットとクランクは手持ちの8速(11-32T)、FC-RS200の165mmを使用。リアディレイラーはアルタス。

試走したところ速度上限は35km/hくらい、ヒルクライム用の38-32(ギア比:1.19)は36-30(同:1.2)や34-28(同:1.21)に相当。

かかった費用

かかった費用は次の通り。(通販で購入したものは送料込みの価格)

購入品価格
クロモリフレーム
(Maruishi)
14,000
(1万ポイント使用)
リム
(ARAYA TX-733)
5,961
リムテープ
(Shimano 20-622)
812
スポーク、ニップル
(星ステンレス)
5,918
フロントハブ
(FB-TX500)
1,230
リアハブ
(FH-RS400)
2,388
タイヤ
(IRC METRO)
5,698
タイヤチューブ
(シュワルベ)
1,964
グリップ
(TIOGA)
1,868
ペダル
(MKS IC-LITE)
2,211
シートピラー
(VIVA)
1,980
ステム
(VIVA)
1,210
ナローワイドリング
(DriveLine)
4,500
(全額ポイント)
リアディレイラー
(アルタス 8s)
2,051
シフター
(SL-M315)
1,829
ブレーキケーブルセット
(Shimano)
1,827
リフレクター480
ベル464
スタンド1927
合計金額58,318円
(内14,500円はポイント)
ツーリング車の購入費用

およそ4万4千円で組めた。

手持ちを流用:ブレーキレバー/本体、クランク、チェーン、スプロケット、サドル、ハンドル、ライト類、ボトルホルダー。

その他の費用

手組みホイールに必須の振れ取り台(ミノウラ)も購入した。

完成したクロスバイク

完成したチャリの第一形態↓

クロモリフレームのツーリング自転車
完成したクロモリのツーリング車

スタンド、リフレクター、ベル込みで11.4kg。MTB比マイナス5kgと大幅減量に成功。BASSOの10kgと比べても大きな違いはない(後日、大きな違いに気付く)。

その後のカスタマイズ状況

第二形態:フロント36T

足柄峠で苦戦したのでフロント36Tに組み替えました↓

36Tのシングルフロントギアのクロスバイク
36Tに組み替えた

これで登りがだいぶ楽になった。

第三形態:38T+700×25cに

BASSOのコンチネンタルGP4000S2とWH-R501を試したら、めっちゃ軽く進んで驚いた。

ホイールをWH-R501に変えたクロスバイク
WH-R501で走りが軽くなった

コンチネンタルグランプリは330tpi。乗り心地も最高で、走りが軽い。足回りが1kg違うと、全然違う。「大した違いじゃない」は大ウソでした。

さらにステムとハンドルを日東のシルバーに、シートポストをシマノ600に変えました。

日東のシルバーステムとハンドル
日東のステムとハンドル

クロモリらしい雰囲気になって来た。

第四形態:120mmステムに交換

自転車の教科書を読んで、ポジション修正した。ハンドル位置を遠くするために、ステムを60mmから120mmに変更。

120mmステムを紹介する画像
日東の120mmステムに交換した

メチャ乗りやすくなった。

まとめ

公園とクロスバイクの画像
のんびりクロスバイク派

乗り心地のいいクロスバイクが欲しくなって中古フレームから組み上げた。愛着わいたしメカにも詳しくなれて、とてもいい経験になりました。

自転車タイヤ

Posted by 無限ゼロ