ピッチリしすぎない秋冬サイクルパンツのご紹介

2021年11月15日

レーサーパンツで颯爽と走り抜けるのはカッコいいですが、ピッチリすぎて体のラインが気になるし気恥ずかしい・・・もっとカジュアルに履けて、コンビニ休憩や食事時も気楽に入店したい!という方にピッタリな秋冬サイクルパンツをご紹介します。

レーサーパンツはガチすぎる

2020年リピート購入したビブパンツ
ピッチピチのレーサーパンツ

レースなら何の違和感もないですし、トレーニングで鍛え上げられた脚がペダルを回す姿は美しくもあります。颯爽と駆け抜ける選手の後姿は、本当にカッコよくて憧れます。

でも選手ほど絞られた身体でもない場合、ピッチリしすぎは逆に太さが目立って「なんだかなあ」となりがちだし、コンビニやレストランの入店時も気恥ずかしい。

ガチじゃないのに後ろに貼りつかれて、妙な「殺気」を感じることも・・・ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

脱・ピッチリ

そこで脱・ピッチリ宣言しました。パッドの入ってない細身のサイクリングパンツに乗り換えたところ、これが超お気楽で快適そのもの。

そもそもロードバイクを持ってないクロスバイク派の筆者。一時期はお尻が痛くてパッド入りのレーサーパンツを履いてましたが、もうZwift以外はパッド不要になってた。

購入したズボンは、自転車ウェアを手掛けるSanticの秋冬サイクルパンツです。細身だけどピッチリではない、スリムなジーパン感覚で履けるカジュアルパンツです。

バタつかない細身のシルエット

まず気になるシルエットから。下着の上からズボン代わりに着用したのが下の画像です。

Santicの秋冬用パンツの着用イメージを紹介する画像
Santicの秋冬用パンツ着用イメージ

170cm、70kgでLサイズを購入しました。ピッチリすぎない細身のシルエット。裾が絞り込まれているのでバタつくことはない。「太ももが太くて、ひざ下が細い」サイクリスト体形にフィットする縫製で、締め付け感もない。

立ち姿の時は「ちょっと丈が長いかな?」と感じました。スニーカーを履くとさらに裾がダブつきます。でも自転車を漕いでいる時は膝を曲げてるので、ジャストの長さになる(股下80cm)。

気になったのは下着の線が浮き出やすいこと。昔ながらの白ブリーフみたいな(縁どりがしっかりした)ものだと、つるんとした生地に浮き出やすい。ユニクロのエアリズムとか薄めの下着をおすすめします。

秋冬パンツを細かくチェック

では細かい所を見ていきます。

前後ろで裏生地が異なる

前側の裏生地(画像左側)は起毛処理がされててメチャ暖かい。

ズボンの前後ろで裏生地が異なることを説明する画像
前側(左)と後ろ側(右)の裏生地

後ろ側は風が当たらないから薄くていい。むしろ通気性があった方が蒸れなくていい。

ひざはメッシュ素材&ツッパリ防止加工

ひざ当てはメッシュ素材になっています。

膝部分が盛り上がる処理がなされていることを説明する画像
膝の中央部分が盛り上がるような裁縫処理

両サイドから3分の1まで縫ってあり、中央部分に「ふくらみ」を持たせてある。膝を曲げても突っ張らずにフィットする。

ポケットのファスナーについて

よくある両サイドのポケットにはファスナーがありません。信号待ちなどでズボっと手を突っ込む感じ。その代わりに、右太もも部分のポケットにはファスナーあります。

右ポケットのファスナー形状を説明する画像
右太ももポケットのファスナー

金具が大きめなので、手袋つけたままでも開け閉めしやすい。スマホもすっぽりと入る大きさ。

裾にはファスナーなし

すそ部分にはファスナーはありません。程よい細さで伸縮性もあるのでスルッと履ける。あまりキツいとレーパンとの差別化があいまいになるのでこれくらいでいい。

日本サイズ表記で購入すべし

購入サイズはLですが、タグを見る限り、USAではSサイズ相当、ヨーロッパではMサイズ相当のようです。

Santicの各地域でのサイズ違いを説明する画像
各地域でのサイズ表

腰はゴムが入っていて伸縮性あり。ひもでもしっかり固定できます。

さっそく街乗りで試してみました。

街乗りレビュー

まず生地に伸縮性があるのでサドルにまたがりやすい。サラサラの生地なので、太ももとサドルとの擦れも気にならない。一方で、サドルによってはお尻が滑りやすいと感じるかも。自分は滑る方が「ずり落ち」がなくて漕ぎやすく感じるので問題なし。

ジーパンより軽く回るし、タイトなので裾止めのゴムも不要に。

ひざ当てがもう少し下にあっても良かったと個人的には思う。ひざ下が長い人なら問題なさそうだけど、太もも長めな自分にはあと1cmくらい下がいい。

レビュー当日は15℃で、走り出しと平地では快適そのもの。ちょっと頑張って120mくらい登ったら汗出ました。標高が高い、もっと寒い所でも全然いける。逆に、こんな短時間で温まれるならレースのウォーミングアップに良さそう。無駄なパワー使わずにレースに温存できる。

耐久性については、いつものレビュー同様に追記してまいります。

秋冬パンツで得られたメリット

Santicのタグ画像
Santicはコスパがいい
  1. ピッチリすぎず、体のラインが気にならないでの気恥ずかしさがない
  2. 裾が長めで足首も寒くない
  3. 自転車用なので膝も突っ張らないから漕ぎやすい
  4. 気軽に履いて出かけられる
  5. コンビニ、レストラン、店舗に入りやすい
  6. 周りにも「それいいですね」と好評

濃いめの黒なせいか「痩せた?」というご意見も頂きました。社交辞令だとは重々承知してますが、悪い気はしません。

自由に気軽に漕ぎたい方におすすめ。後ろに貼りつかれても「お先どうぞ」とお気楽ですw

11月30日まで:メルカリキャンペーン(アプリ限定)

自転車用品、特にシマノ製品は品薄なのでメルカリで中古品を探すのもおすすめ。これから始められる方は、招待コード「VVHWDS」を入力しての新規会員登録で1000P(500P×2回)付与されます。

お得にお買い物するチャンスですので、ぜひご利用ください。

ウエア

Posted by M.Zero