Santicのスマホ決済可能なサイクリンググローブ

スマホ決済ができるSanticのサイクリンググローブをご紹介します。レジで手袋を外さなくてもスマホ決済ができます。

Santicのスマホ操作ができる手袋

Santicのパッドあり手袋とパッドなし手袋を並べて紹介している画像
パッドあり手袋(左)とパッドなし手袋(右)

Santicのサイクリンググローブでスマホ決済に対応しているものなら、スーパーやコンビニで手袋したままスマホ操作が可能です。

パッド付きの本格ツーリングにも耐えられるタイプや、近距離用のおしゃれなタイプもあります。手のひらはスウェード調の生地、もしくはすべり止め付きの生地なので軽い力でしっかりハンドル操作ができます。

パッドなしの手袋は、手首が折り返しの二重になって暖かいですが、ストレッチ性があまりないので少し大きめを買った方が脱着が楽です。

女性用手袋の袖口が二重になっていることを紹介する画像
袖口が折り返し二重になっている

また左右ともスマホ対応なので、左利きの方でも安心です。

左右の人差し指がスマホ操作に対応していることを紹介するための画像
左右の人差し指がスマホ対応している

耐久性について

一年使い続けたものと新品を比べたのが以下の画像です。

1年使用したものと新品の手袋を並べて比べるための画像
1年使用した手袋(左)と新品を比較

手の甲側、人差し指のロゴがはがれたのと、手のひらのほつれが気になります。

1年使用したサイクリンググローブにはほつれが見られることを紹介する画像
1年使ったもの(右)はほつれが目立つ

1日に最大100km走るようなサイクリングで酷使&洗濯を繰り返した割にはキレイ。指先の反応もまだまだ良好です。

サイズ選びについて

手が小さめな筆者の場合でも「L」サイズを愛用しています。「S」では小さく、「M」でもパッドの位置が合いません。妻は「M」サイズでピッタリでした。

まとめ

Santicのスマホ操作ができるサイクリンググローブを紹介する画像
Santicのスマホ手袋

Santicのサイクリンググローブの一番のメリットはコスパです。価格と品質のバランスが圧倒的にいい。

余談ですが、スーパーの液漏れ防止の「お肉やお魚を入れるビニール袋」も滑らずに開けられます。

>> クッションありグローブのAmazonページはこちら

>> クッションなしグローブのAmazonページはこちら

ご注意

指紋認証は開きません。ガラスフィルムによっては操作反応が悪い時があります。

スポンサーリンク