Zwiftの汗対策ならスウェットカバーを

2020年2月23日

Zwift後にフレームの汗拭いて片付け、というルーチンで運用してたら1年でBBが錆びだらけに。

そこでルーチンを見直して「汗がフレームにかからない」よう、スウェットカバーを購入した。

果たしてその効果は?

ROCKBROSのスウェットカバー
Zwiftに必須のフレームカバー

汗対策が必要な理由

スウェットカバーを購入したきっかけは、ショップ店員さんに

BBが錆びだらけですよ

と教えてもらったから。

漕ぐたびにBBからカタンコトンと異音がするので点検をお願いしたのだった。

まさか錆びだらけとは・・・

フレームの汗を拭きとるのではなく、汗がかからないようスウェットカバーを購入した。

フレーム用のスウェットカバー

ROCKBROSのスウェットカバーを装着した画像
取り付けイメージ(右はアマゾン掲載の画像)

スウェットカバーは、サドルとハンドルの間に取り付ける三角形のフレームカバー。

洗濯しまくる消耗品なのでAmazonでお手頃価格の物を選んだ。

取り付け方

取りつけ方法は、

  1. ゴムの輪っかをサドルにかぶせて、シートピラーに引っ掛ける、
  2. ハンドル側の2か所のマジックテープを止める。

アマゾンページに使い方動画もあります。

カバーの大きさ

スウェットカバーの大きさは、以下の通り。

測ったところ長さ
ハンドル付近の横幅23cm
後端の横幅4.8cm
カバー本体の長さ41cm
ゴム部長さ最大25cm
スウェットカバーの大きさ

ゴムが伸びるのでよほど大きくないサドル、フレームであれば対応できそう。

使ってみた感想

ROCKBROSのスウェットカバーの生地を撮影した画像
マジックテープ部は丈夫そうな生地で出来ている

顔から垂れ落ちる汗がフレームにかからず、意識して内股にしなければ膝が当たることもない。

スマホが装着できるタイプもあるけど、Zwift中はタオルを乗せちゃうので必要ない。

Zwift後のお手入れについて

ROCKBROSのスウェットカバーのゴム紐と洗濯注意マーク
手洗いのみと表記されてる

Zwift後は、ウエア、タオル類と共に洗濯するだけ。

「手洗いのみ」表示だけど、100均の洗濯ネットに入れて洗濯してる。

非推奨だけど、3ヶ月経っても問題なく使えてる。

その他の汗対策

その他、Zwiftの汗対策でやっていること↓

実施している汗対策備考
リモコンつきサーキュレーター 熱中症対策。リサイクルショップで未使用新品を購入。
100均のヘアバンド or バフ汗が顔面を滴り落ちるのを防ぐ。
MINOURAトレーニングマット汗や油汚れ、ローラー傷から床を保護。
ブルーシートトレーニングマットの上に乗せて汗の染みこみ防止。
タオルブルーシート、ハンドル、スウェットカバーに
Zwiftの汗対策

練習環境を清潔に保つため、バイクを錆びから守るために必須。

まとめ

Zwift中の汗でBBが錆びだらけになったので、スウェットカバーを購入した。

汗(塩分)がフレームにかからなくなり、錆防止効果に役立ちそう。

BBが錆びだらけになる前に、導入をおススメします。

Zwift

Posted by 無限ゼロ