Zwiftの汗対策ならスウェットカバーを

「Zwift終了⇒汗拭き」というルーチンで1年間運用したら、BBが錆びだらけに。そこで錆からフレームを守るためにスウェットカバーを購入。効果は確かにある。代用品もご紹介します。

Zwiftのせい?錆だらけのBB

Zwift中にBBからカタンコトンと異音がするようになったので、ショップに持ち込んで点検をお願いしたら、、、

店員さん
店員さん

BBが錆びだらけですよ

と衝撃のご報告が。

雨の日は外を走らない気まぐれライダーなので、心当たりはZwift中の滝のような汗しかない。そこで慌ててスウェットカバーなるものを購入してみました。

ロックブロスのスウェットカバー

お手軽価格だったロックブロスの製品を購入。

ROCKBROSのスウェットカバーを装着した画像
取り付けイメージ(右はアマゾン掲載の画像)

画像のようにシートポストにゴムを引っ掛けて、ハンドル側はマジックテープで止めるだけ。

厚めの生地にメッシュ状のカバーが取り付けてある感じ。褒めるとすれば、タオル生地のようにヨレヨレではなくてパリッとしているところ(後述)。

フリーサイズでどのフレームにも対応

このスウェットカバーの大きさは、以下の通り。

測ったところ長さ
ハンドル付近の横幅23cm
後端の横幅4.8cm
カバー本体の長さ41cm
ゴム部長さ最大25cm
スウェットカバーの大きさ

ゴムがよく伸びるしマジックテープで調整可能なので、おそらくどのフレームにでも取り付けできそう。

使ってみた感想

ROCKBROSのスウェットカバーの生地を撮影した画像
マジックテープ部は丈夫そうな生地で出来ている

厚手の心材にメッシュ状の布が取り付けられているのでヨレヨレにはならず、逆三角形の形が保たれる。顔から垂れ落ちる汗がフレームにかからず、意識して内股にしない限り膝がカバーに当たることもない。

スマホが装着できるタイプもあるけど、Zwift中はスマホでチャットするので不要。

お手入れについて

ROCKBROSのスウェットカバーのゴム紐と洗濯注意マーク
手洗いのみと表記されてる

手入れは、Zwift後にウエアやタオル類と共に洗濯して干すだけ。商品には「手洗い」表示がありますけど、100均の洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っています。3ヶ月経った現在でも問題なく使えてます。

取り外しが面倒であれば、上に乗せてるタオルだけ洗濯してスウェットカバーは週一の洗濯にするとか工夫の余地はありそう。

手持ちのもので代用するなら

フェイスタオルとバンド(ダイソーのべんりベルトなど)があれば簡単。タオルをぐるっとフレームに巻き付ければ、汗がBBに滴り落ちることもないです。

Zwiftの汗対策を紹介するための画像
フェイルタオル+バンド
ダイソーのべんりベルトを紹介するための画像
ダイソーのべんりベルトでタオルを固定できる

その他の汗対策

その他、Zwiftの汗対策でやっていることをご紹介しておきます。

実施している汗対策備考
リモコンつきサーキュレーター 熱中症対策
100均のヘアバンド or バフ汗が顔面を滴り落ちるのを防ぐ(眼鏡なので)
MINOURAトレーニングマット汗や油汚れ、傷つき防止
ブルーシート+バスマットトレーニングマットへの汗の染みこみ防止
タオルハンドルに
Zwiftの汗対策

床+トレーニングマット+ブルーシート+バスマット+トレーナーの順に積み上げています。騒音や振動の防止にもなっていると思います。

まとめ

Zwift中の汗でBBが錆びだらけになったので、スウェットカバーを購入して汗対策しました。洗濯物が増えますが、BBの保護優先です。錆びだらけになる前にご検討ください。

ROCKBROS スウェットカバー
フレームの汗対策に必須です