ふきこぼれないフタでガス炊きしたらIH炊飯器より美味しい

2017年2月10日

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」で炊飯中の画像

IH炊飯器の内釜コーティングがはがれてきた。寿命なので買い替えることに。

ガス炊飯器が希望だけど、ガス栓工事が面倒。

土鍋、文化鍋と検討してたどり着いたのは、ふきこぼれないフタ。

購入までの経緯と使ってみた感想をご紹介します。

土鍋で炊くのはどうなの?

土鍋とかいいかな?

土鍋でご飯を炊いている画像
美味しく炊けそうなイメージ

Amazonを見ると「子どもの食いつきが違う!」というレビューがあって魅力的。

重い蓋をゴリッと開けたときに、モワッと立ち上がる湯気の先には輝く白米・・・美味しそう!

デメリットはあるのか?

  • 重くて洗うの大変?
  • 落としたら割れちゃう?

安いし美味しい!のは魅力だけど、取り扱いが大変そう・・・

文化鍋でごはんを炊くのはどうなの?

土鍋を保留にして調査を進めると、ガス炊き用の文化鍋にたどりついた。

文化鍋の画像
文化鍋というガス炊飯器(Amazonよりお借りしました)

和食のレシピサイト「白ごはん」でもオススメされてた。

いちばんのおすすめは『文化鍋』。電気炊飯器が普及する前に炊飯用に作られた厚みのあるアルミ鍋で、吹きこぼれ防止の構造となっているのも使いやすいです。

白ごはんより

つまり、

  • ふきこぼれない
  • アルミなので軽い
  • 割れないから取扱いが簡単

と、土鍋の弱点を解消したかのような商品。

鍋はたくさんあるから、ふきこぼれないフタだけ欲しい。

検索したら・・・発見! w( ̄Д ̄ w

ふきこぼれないフタの仕組み

とりあえず「M」サイズを購入。22cmまでの鍋に対応。

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」

画像右のように、茹でながら、煮込みながら、ふたの上で温野菜を作るような同時ワザもできる。

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」

黄色い花びらのような部分は柔らかい。裏返すとペロンと垂れさがる。

蒸気を押さえ込まずに、緑色の部分に吹きこぼす。ふきこぼれは「すき間」から鍋に戻っていく仕組み。

シンプルな構造なので壊れる心配はなさそう。

ガス炊きでご飯を炊いてみた!

20cmの鍋で3合のご飯を炊いてみた。

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」
ふきこぼれないフタで炊飯中

お米を研いだら30分浸け置き。IH炊飯器の内釜で水を計量(笑)して鍋に投入。

フタを乗せたら、ガスコンロの炊飯機能をスタート。あとは待つだけ。簡単だ。

ふきこぼれないフタの画像
ブクブク泡が止まらない

炊飯中は、ブクブクし放題!

子どもたちが大好きなハヤシライスにしてみた。

ふきこぼれないフタで炊いたご飯
お米が光って見える

お米の甘みと香りがより感じられて、家族にも大好評だった。鍋の焦げ付きもなかった。

IH炊飯器やめてガス炊き まとめ

ふきこぼれないフタ「クッキングフラワー」でご飯が美味しくなった。鍋を買うより安く済んでよかった。