「花粉症改善SP」で紹介されていた方法を実践してみた結果

2018年3月1日

花粉が飛散している画像

毎年3月は、花粉に悩まされる管理人。

たけしの家庭の医学 花粉症改善SP」で報道されていた、花粉症を改善する3か条を実践してみました。

「たけしの家庭の医学」で知った花粉対策

番組の中で紹介されていた、花粉症を改善する3か条とは、

  1. 持ち込まない:花粉症用のマスクを使う、玄関に入る前に花粉を払う
  2. 排除する:うがい、手洗い、鼻洗浄、洗濯物は室内干し
  3. まき散らさない:掃除機ではなく雑巾で拭き掃除、空気清浄機は人の通り道に

どれもお金をかけずに出来ることばかり。花粉の時期に悪化する鼻づまり対策として、とにかく実践してみました。

効果を感じていること

実践して効果を感じたのは、

  1. 部屋干し:とくに布団
  2. 拭き掃除:フローリング、壁
  3. 空気清浄機の移動:人通りの多いリビングの入口に

の3つ。

衣類も布団も部屋干しに

昨年まで、花粉の時期でも日干ししてた。

バンバンと叩いてホコリを落とし、衛生的に扱ってると勘違いしてた。

でも、外干しはNGだと・・・

布団は干さずに布団乾燥機で乾燥させる。

アイリスオーヤマの布団乾燥機
布団乾燥機で「乾燥+ダニ退治」

ダニモードで乾燥させ、仕上げにダイソンで「ホコリ+ダニ」をぐいぐい吸引。

白い粉が、サイクロン内部に積もる ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

「見てるだけで鼻詰まる・・・」

寝る前の鼻づまりが気にならなくなった。

ハウスダストアレルギーが家族にいるので、手放せない。

徹底して拭き掃除

日々、掃除機だけで済ませていた床掃除。

しかし、

「掃除機ではホコリが舞い上がってしまうので、拭き掃除がオススメ」

たけしの家庭の医学より

というアドバイスを拝見し、拭き掃除を始めた。

掃除機では汚れは落とせていなかったと、雑巾を見て分かった。

床も光ってる。

キレイになると他の汚れに気付く、掃除する・・・の好循環。

空気清浄機の移動

番組で、

空気清浄機は人通りが多く、ホコリが出やすい場所に設置したほうが、空気をキレイにする効果が高まる

たけしの家庭の医学より

と説明されていたので、部屋の隅からリビングの入り口に移動させた。

フィルター掃除の回数が増えたので、効果はあった。

部屋の空気が変わるので、おすすめ。

【追記】2019.3.24:マスクなしで外出しても気にならなくなった

花粉対策を実践した まとめ

たけしの家庭の医学を見て、専門家のアドバイスどおりに実践。

部屋の空気が変わって、目も鼻も楽になった。やってみる価値あり。