クロスバイクのフロントシングル化

2021年8月31日

クロスバイクのRAIL ACTIVEに乗り始めて2週間が経過しました。ホイールとハンドル周りを変えて少しずつ乗り味が良くなってるけど、クロモリバイクのようには気持ちよく漕げてない。

そこで、これまで使っていたFC-RS200の165mmクランクを移植することにした。フロントダブル(46‐30T)からの38Tフロントシングル化をご紹介します。

RAIL ACTIVEの標準クランクの問題点

RAIL ACTIVEの標準クランクを紹介する画像
RAIL ACTIVEの標準クランク

RAIL ACTIVEの標準クランクは、

SHIMANO FC-TY501-2 46-30T 170mm W/CG

コーダーブルームHPより

と公式HPに記載があります。この意味するところは、

  • 型番: FC-TY501のダブル仕様
  • 歯数:アウター46、インナー30(街乗りから激坂まで対応)
  • クランク長:170mm(標準的)
  • チェーンガード:あり

です。

問題点は、MTB用なのでクランクアームがグイっと外側に広がっていること。これまでロード用のクランク(105、クラリス)に乗っていたので、この広さが漕ぎにくく感じてしまう。

FC-RS200、FC-R7000との比較

RAIL ACTIVEの標準クランクと、これまで乗っていたFC-RS200やFC-R7000と比べてみました。シマノの公式HPで各データを調べたら、RAIL ACTIVEのQファクター(ペダル間隔)は30~40mm広くなってました。

比較項目FC-TY501
(RAIL ACTIVE)
FC-R7000
(BASSO)
クロモリ車
(FC-RS200)
クランク長170165165
Qファクター185.5146153.7
チェーンライン48.843.543.5
クランクの比較表

ペダル間隔が30~40mm違うと「違う乗り物」感がします。下死点ならまだ影響が小さくなりそうですが、上死点で40mm広がると使う筋肉も変わりそう。

FC-RS200に交換しただけでは変速しない

これまでと同じように漕げるように、標準クランクを外してFC-RS200(165mm)を装着してみました。ここで一つ注意点があります。

RAIL ACTIVEの標準フロントディレーラーは最大46Tまでしか対応していない

つまり、FC-RS200の標準ギアである50×34では使えないので、46Tのアウター↓に交換する必要があります。クリックでAmazonの詳細ページをご覧になれます。

アウターを46Tにしたクランクの装着は難なく完了したものの、インナーからアウターへの変速ができません。ディレーラーがアウターまで届かず、調整ねじを回しても回し足りない状態なのです。

一旦、FC-RS200とBBを外して軸長を確認したら120mmでした。FC-RS200の推奨BBは110mmです。そこで110mmのBBに交換して再度調整を試みました。

110mmのBBを装着した状態を説明する画像
110mmBBに交換したところ

すると変速は出来るものの、アウタートップでガイドが外寄り過ぎ。調整ねじを回しても寄せきれない状態。

RAIL ACTIVEのFD(FD-TY710-2)のチェーンラインは48.8で、FC-RS200は43.5なのでそもそも合わないのでした。解決するには、チェーンラインが43.5のFDに交換するしかない。

このままで走ったらどうなるのか?というと、インナーからアウターへの変速でチェーンが外れます。登りから平地に差し掛かって「ホッ」として変速したタイミングで外れるのです。

FC-RS200のクランクを装着したRAIL ACTIVE
チェーンラインが合ってないRAIL ACTIVE

毎回ではないものの、チェーン落ちを気にしながらの変速してたら快適なサイクリングはできません。そこでナローワイドチェーンリングを装着してフロントシングルで運用することにしました。BASSOもクロモリ車もフロントシングルで運用していて、扱いがとても楽でお気に入りでした。

ナローワイドでフロントシングル化

ナローワイドチェーンリングを使ったRAIL ACTIVEのクランクを紹介する画像
ナローワイドでフロントシングルにした

ナローワイドチェーンリングはメルカリで購入したもので、ドライブラインの38T、PCD110(5アーム用)です。チェーンを1コマ短くして装着しました。

BBはFC-RS200用の110mmを使用しています。アウターとしてナローワイドギアを取り付けました。この状態だとリアエンド幅130mmのRAIL ACTIVEだと問題なく変速します。

フロントシングルにしたRAIL ACTIVEを紹介する画像
フロントシングルのRAIL ACTIVE

リアスプロケットは11-32T。ギア比は3.45~1.19なのでトップギアはフロント50-15より重く、ローギアは34-28より軽い。街乗りからヒルクライムまで対応できる。

街中を10km試走したところ、重量バランスが良くなったのかクロモリバイクのような柔らかい乗り味で漕ぎやすくなった。購入当初に感じたフレームのガチガチ感は、気にならなくなった。欲を言うなら、あと2段くらい増えると細かく変速できるのでよりスムーズに走れそう。

なお、フロントディレーラーとシフターは不要になったので取り外しました。見た目もスッキリ。ちなみに上の画像の状態、ベルとスタンド、前後リフレクター込みで9.9kgです。

FC-TY501とFC-RS200クランクの裏側を比べている画像
FC-TY501とFC-RS200クランク

右側だけで757gから625gに軽量化できました。

まとめ

RAIL ACTIVEのペダル間隔が広すぎて走りにくかったので、クランクをFC-RS200にナローワイドチェーンリングを装着してフロントシングル仕様にしました。アウターロー、インナートップを気にせずに直感的に変速できる。余計な思考エネルギーを使わなくていい。

以上、RAIL ACTIVEのフロントシングル化でした。 画像クリック↓でAmazonの詳細ページをご覧になれます。

スポンサーリンク

クロスバイク

Posted by M.Zero