クロスバイクに440mmショートハンドルを取り付けた

2021年8月25日

クロスバイクのRAIL ACTIVEに乗っていると腕がしびれてくる。そこで440mmのSATORIハンドルに交換し、ステムも長くしたら乗り心地が良くなって腕のしびれが軽減したことをお伝えします。

RAIL ACTIVEの標準ハンドル

RAIL ACTIVE標準のハンドル周りを紹介する画像
RAIL ACTIVEの標準ハンドル

RAIL ACTIVEの標準ハンドルは、路面のゴツゴツを直接伝えてくる。標準の32cタイヤから25cタイヤに交換した影響も否定できませんが、同じホイールを履いていたクロモリ車に比べるとガチガチな乗り味。

あちこち走り回る前に、このガチガチ感を何とかしたい。グリップは見た目では十分な厚さがあるので、ストレート形状のアルミフォークが硬いのか。

ポジション合わせもまだ行ってなかったので、とりあえずハンドル周りを好みのものに変えることにしました。

440mmのSATORIハンドル取り付け

標準の560mmハンドルから440mmのSATORIストレートハンドルへ。

440mmのSATORIハンドルに交換したRAIL ACTIVEを紹介する画像
440mmSATORIハンドルに交換した

このハンドルはとにかく真っすぐなので、Shimanoのバーエンドと相性がいい。サドルにまたがって腕を伸ばした位置にバーエンドグリップがあるので握りやすい。

ただ幅が狭いので、標準グリップのままではブレーキ&シフトレバーの装着が厳しくなる。ハンドル中央部が太くなっているから。そこでNOGUCHIのハーフグリップを装着した。ライド中のほとんどの時間はバーエンドを握っているので短さは気にならない。

ただハーフグリップを装着しても、センター付近のゴチャゴチャ感は解消できてない。スッキリさせたいので、シフトレバー、ベル、リフレクターをどこかに移植できればと検討中です。

110mmステムを装着

110mmのステムを装着したRAIL ACTIVEのハンドル周り
110mmステムを装着した

ハンドルとともにステムも交換しました。ハンドルが近いと腕を下に押し付ける感じになって手が痛くなりやすいので、標準(90mm)より20mm長い110mmのステムに交換しました。

上半身が解放されて、リラックスして漕げるようになった。格安のアルミステムですが品質もよくて気に入っています。 クリックでAmazonの詳細ページ↓をご覧になれます。

DEOREのブレーキレバー

DEOREのブレーキレバーを装着したRAIL ACTIVEの画像
DEOREのブレーキレバーを装着した

ハンドル交換と同時にブレーキレバーも交換しました。標準はTEKTROのCL520というレバーでした。DEOREとよく似た形のレバーで使い勝手も悪くないですが、DEOREの方が剛性感を感じます。

ハンドル交換でブレーキレバーが内側に寄った分、アウターを短くカットして調整しました。

SATORIハンドルインプレ

ハンドル、グリップ、ステムとハンドル周りを大幅に入れ替えた結果、乗り味が柔らかくなりました。考えられる原因は、自転車の教科書に書かれているように、

四つん這いになった時に腕を前に出した方が楽

自転車の教科書より

ではないかと思います。ガチガチだと感じてた乗り味がクロモリに近くなった。

ギアチェンジやブレーキングに関しては、デメリットは感じません。Shimanoのバーエンドは相変わらず握りやすいし、バーエンドから親指が届く位置にレバーがあるのでちょっとしたブレーキングも容易。ハーフグリップならではのメリットです。

また、ハンドル幅が狭くなったことで狭い道でも走りやすいし、スーパー駐輪場での出し入れが楽になりました。左右60mm狭くなったことで空気抵抗も減っているはず。意識せずともエアロ効果が得られるのはありがたい。

まとめ

RAIL ACTIVEの標準ハンドル&グリップを、440mmのSATORIハンドルとハーフグリップ、Shimanoのバーエンドに交換しました。さらにステムを長くしたことで、自転車の教科書に書かれているように腕が楽になりました。

クロスバイクに乗って腕がしびれる方は、試してみてはいかがでしょうか?

11月30日まで:メルカリキャンペーン(アプリ限定)

自転車用品、特にシマノ製品は品薄なのでメルカリで中古品を探すのもおすすめ。これから始められる方は、招待コード「VVHWDS」を入力しての新規会員登録で1000P(500P×2回)付与されます。

お得にお買い物するチャンスですので、ぜひご利用ください。

クロスバイク

Posted by M.Zero