エリート Qubo Fluidは静かなのか?スマホアプリでチェック

液体抵抗を採用して静音性を高めた固定ローラー、エリートの「QuboFruid」は本当に静かなのか?スマホの音量計測アプリを使って計測してみました。

エリートQuboFluidとは

静かな固定ローラーとして人気のQuboFluid(キューボフルード)。静かさの秘密は、液体を抵抗として使っているから。電源や電池は一切不要で経済的にトレーニングできる。

Elite QuboFluidトレーナーを紹介する画像
Elite Qubo Fluid

主な特徴は、

・高い安定性と水平が出せる調整機構を備えた新型フレーム「QUBO」を採用
・エリートトレーナーラインナップ中、最も静粛性の高い負荷ユニット「パワーフルード」を搭載
・バイクの取付、取外しが容易なファストフィキシングメカニズム
・金属製よりも静粛性に優れ、振動やタイヤ磨耗を軽減するエラストGELローラーを採用
・対応ホイールサイズ:20~29インチ

Amazon商品ページより

となっています。

QuboFluidの長所と短所

最大の長所は、静かなこと。マンション住まいなので、ここは最優先事項です。これまで3年使っていますが近隣からの苦情も、横でドラマ見てる家族からの苦情もありません。

また構造がシンプルなので耐久性が高く、比較的安価な点も長所として挙げられます。

最大の短所は、Zwiftをするなら別途パワーメーターを購入する必要があることです。MisuroB+という簡易パワーメーターを取り付けることも出来ますが、誤差が大きいのおすすめしません。

QuboFluidの音量を計測

Elite QuboFluidのパワー別騒音の計測結果を紹介する画像
計測結果の画像

スマホアプリを使って、出力ワット別に計測した騒音は次の通りです。

100w150w200w250w300w
52dB53dB55dB56dB56dB
QuboFluidの騒音レベル

※スマホはハンドルに設置して計測

100から300wまで計測したところ、52~56dBとなりました。この数値は、静かなオフィス相当になります。

騒音の感じ方のイメージ画像
出典:YKKウェブサイトより

300wまでの範囲で淡々と漕ぐような練習をする場合は、騒音等で悩むことはなさそうです。

家族と近隣の反応

これまで3万キロ走りましたが、家族からの苦情はありません。家族がTVを見ているリビング横で漕いでも「うるさい」と言われたことはなく、TVの音量もいつも通りでした。集合住宅住まいですが、近隣からの苦情もありません。

ただ座りながらのスプリント(700w程度)をすると、スポークの風切り音がヒュンヒュン聞こえますし、タイヤの走行音もブーンとうるさくなります。

300w巡行でスプリント1000w!みたいな豪脚の方にもおすすめできるのか?は「自信なし」です。外箱には「540Wまで」と書かれていたので、普通の初心者や女性にはお勧めできそうです。

ご注意

使用に当たっては、専用のインドアタイヤ「コペルトン」は必須です。他のタイヤ(インドア専用も含む)では音量が大きくなります。

まとめ

エリート社の固定ローラー「QuboFluid」の騒音をスマホアプリで計測した結果、52~56dBとなりました。一般的なオフィス相当の音量であり、静かなトレーナーをお探しの方におすすめできます。

耐久性も約3万キロ(コスパ的には1円/km)あり、自転車の取り付けも挟み込むだけで簡単。脱初心者までの基礎練習に最適です。

スポンサーリンク