15年愛用中の圧力鍋「ゼロ活力なべ」パッキン交換で復活

圧力鍋で炊飯中の画像
シュッシュッと圧力蒸気が出る圧力鍋

日本人による、日本人のための、日本料理用の圧力鍋「ゼロ活力なべ」。15年愛用して来ましたが、空気(圧力)漏れが発生するように。すぐにメーカーサイトで部品発注。交換して無事に復活しました。

アサヒ軽金属の「ゼロ活力なべ」で空気漏れが発生

気づけば15年愛用していました。炊飯のみならず、カレー、魚の煮物、肉じゃが、すぐに出来るので大活躍。先日、圧力調理中に「シューシュー」とフタの周りから蒸気が漏れ出るような音が・・・

そう言えば、パッキン交換してなかった・・・

15年使い続けたパッキン。

圧力鍋「ゼロ活力鍋」のフタのパッキン画像
奥(灰色)が15年使用のパッキン

元々灰色でしたので、変色ではありません。劣化に気づかなかった。念のためにゴム製の消耗部品、「安全弁ゴム」と「フロート弁」もネットで注文。

活力鍋の安全弁ゴム
黄ばんだ安全弁ゴム(左奥)とフロート弁(右奥)

黄ばみが15年の歳月を感じさせる。これらのパーツはアサヒ軽金属のホームページで注文できます。

アサヒ軽金属(http://www.asahikei.co.jp/kitchen/parts/)

消耗品ですので、定期的な交換が必要とのこと。サボりに反省。同封されていたチラシにてメンテナンス方法を再度確認しました。

アサヒ軽金属の活力なべのお手入れ方法の説明画像

部品交換は5分ほどで完了。超簡単なので心配は不要。

復活させた「活力なべ」で試しに炊飯

活力なべのダイエット料理集の画像
80種類のレシピが掲載されている付属の「ダイエット料理集」

レシピ集には80もの「活力なべ」ならではの時短ダイエット料理が掲載されています。もちろん白米の炊き方も。

おいしい白米の炊き方

  1. お米を洗って30分水に浸す
  2. 低圧モードで強火で加熱。加圧開始1分で火を止める。
  3. そのまま放置。あとは予熱で炊飯される。
  4. 圧力がなくなったら蓋を開け、軽く混ぜる。
  5. ふきんをかけてしばらく蒸らす。

水分量や、火の調整方法などはダイエット料理集に詳しく書かれています。6合炊くなら冬の冷たい水でも手順2.の加熱時間は9分ほど。火を消して予熱で炊飯されるのを待つだけでいい。高圧ロックが解除されたら、炊きあがり。

無事に、いつも通りの「もちもちご飯」が炊けました。

活力なべは30年保証。あと15年安心して使える

アサヒ軽金属の圧力鍋「活力なべ」は、なが~い30年保証。丈夫に作っているという自信の表れ。15年使いましたので、あと15年は保証期間。

パーツを交換したり、メンテナンスや調理に手間がかかるように思いますが、「スイッチポン」よりも美味しく炊けた時の喜びが大きい。手間をかけた分だけ美味しさで応えてくれる

スマホに時間をかけるよりも、料理や掃除に時間をかけたいシンプル生活LOVEな人にオススメ。さらに美味しいご飯をいただくには自家精米もオススメ!美味しいご飯を炊こう!