ミニホットカーペットのエコっぷりがミニじゃなかった件

節約暖房:ミニホットカーペット

小さなミニホットカーペットのエコっぷりが、半端なかったのでご紹介します。シンプルな構造で耐久性も高いのでおススメです。

ミニホットカーペットとは?

ミニホットカーペットとは、40~50cm四方の大きさのホットカーペットのこと。部屋は暖かくなりませんが、椅子や足元に置いて温まれる。

温める場所を超限定する分、強力にエコなのです。

電気代は本当に安いの?

電気代は本当に安いのでしょうか?念のために、各種(電気)暖房器具の消費電力を調べてみました。石油、ガス商品は含まれていません

機種(2016年12月8日時点で人気の商品)消費電力
エアコン代表
パナソニック CS-226CF
470W
海外代表
ダイソン Pure Hot + Cool Link HP02WS
1200W
セラミックファンヒーター代表
パナソニック DS-FKX1205-W
670~1250W
遠赤外線ヒーター代表
コロナ コアヒート DH-1215R
200~1150W
小型電気ストープ代表
YAMAZEN DS-D086
800W
ミニマット
YMM-K404
27W!

ミニマットの消費電力の少なさは圧倒的。意外なことに、大掛かりなエアコンは消費電力が少なく、小型代表であるパーソナル電気ストーブの消費電力が高い・・・ダイソンは空気清浄機能がついていますので一概に比較はできませんが、消費電力は多い。

やはり空気を温めようとする暖房器具は消費電力が大きくなりがち。ちょっと温まりたい時には、使いづらいのです。

ちょっと温まりたいな、という時は、体を直接温めるミニホットカーペットをおすすめします。

みんなの使い方は?

とにかく軽くて持ち運びが簡単なので、

  • 食事をする際には椅子の上に、
  • テレビを見るときには床に、
  • 読書、勉強時には足元に、
  • 料理中はキッチンに、
  • お化粧するときは洗面所に、

いろんな場所で活用できます。うちの子は、お尻の下に手を入れてぬくぬくしたり、寝る前に布団を温めたりしてます。寒い時期には、暖かいミニマットが手放せないよう。

山善ミニマット(40角)ホットカーペットの画像

ペット用として活用している方も

アマゾンレビューを拝見すると、ペット用の暖房器具として購入されている方が多いよう。湯たんぽのようにお湯を沸かす必要もないので手軽ですし、使い捨てではないのでゴミの削減にも。

足湯代わりに

足の裏にはたくさんのツボがあるから健康にも良さそう。

温かくない!というレビューもありますが関東南部のマンションに住まいの筆者が、足元に置いた場合はちょうどよく、お尻に敷いた場合には少し熱いくらいに感じます。居住地や、お住まいによって感じ方が異なる可能性があります。

山善ミニホットカーペットの耐久性は?

山善ミニマット(40角)ホットカーペットの画像

他の暖房器具と比べても格安なこのミニホットカーペット。4年使い続けたミニホットカーペットを見てみると、

山善ミニホットカーペットの画像

特に汚れも気にならずに、カーペットの毛もフサフサのまま。もちろん壊れたことは一度もなし。電気を入れずにミニマットをフローリングの上に敷くだけでも、このフワフワな毛のおかげでヒンヤリは軽減。

温度調節もないし、タイマーもない、シンプルな構造(=部品数が少ない)のお陰で耐久性も高いように思います。

山善ミニホットカーペットの画像

通電されている間は、LEDが赤く光るので消し忘れを防げます。まだまだこの先数年は使えそうですよ。

まとめ

ミニホットカーペットがエコで使い勝手がよいことをご紹介しました。エコに温まりたい方にオススメします。