サイクルトレーナーMD640のベルトテンション調整

ミノウラのサイクルトレーナー「MD640」のベルト調整方法をご紹介します。10分ほどで完了する作業なので簡単です。

MD640のベルト調整手順

ベルトの調整手順は、ミノウラ公式サイトにも掲載されています。

>> MD640のテンション調整のしかた|ミノウラ公式サイト
※クリックでPDFファイルが開きます

以下、手順に従って実際に行った様子をご紹介します。

カバーを外す

3mmの6角レンチでボルトを外していきます。このボルト、びっくりするくらい緩くなっていました。8000km走っている間に緩んだのでしょう。

サイクルトレーナーMD640のボルト位置を説明する画像
丸印のボルトを外します
調整前のテンションを確認しておく

カバーを外したら調整前のベルトの張り具合をチェックしておきます。指の腹で押し込んで確認したところ、3mmくらいのたわみ量がありました。

プーリーを固定しているピンク丸のボルトを少し緩める

ピンク丸で囲ったボルトを5mmの6角レンチで少し緩めます。絶対に引き抜かないように、緩み防止のスプリングワッシャーが効いている範囲にとどめてください。

サイクルトレーナーMD640のベルトテンション調整部を説明する画像
MD640のベルトテンション調整部
テンション調整ボルトを時計回りに締めていく

上の画像の黄色いボルトを3mmの六角レンチで、時計回りに少し締めてテンション確認、少し締めてテンション確認という具合に作業を進めます。今回、1mm程度のたわみになるよう調整しました。

プーリー固定ボルトを締めます

ピンク丸のプーリー固定ボルトを締めておきます。

カバーを取り付けます

9か所あるねじを締めてカバーを戻します。

作業後は「すべり」が解消された

さっそくZwiftしてチェック。100w⇒350wを繰り返し試したところ「すべり」は解消していました。

Zwiftでトレーナーのすべりがないことを検証したことを示す画像
急加速を繰り返し試してすべりがないことを確認した

路面がギュッと食いついてくる感じで、パワー抜けがありません。いい感じです。他にもいいことが2つありました。

静かになった

テンション調整後は、高音のノイズが減って静かになりました。回転精度が上がったような感じです。また、カバーをしっかりねじ止めしたことで密封性が上がったこともよかったと思います。

ただ、スプロケットとチェーンの駆動音が気になり出したのでリアディレイラーを調整。さらに静かになりました(喜)。何事もメンテは大事だと痛感しました。

シンプルな構造で耐久性に期待

メカニカルなシンプル構造でメンテ可能となると、耐久性がいいのでは?と期待できます。

負荷は永久磁石で、そもそも劣化しやすい電気系統がない。Kickerを5年使っている友人は「電源プラグがZwift中に抜けてしまう」と愚痴をこぼしていますが、そういったトラブルもありえません。

購入する際はあまり深く考えてなかったけど、MD640でよかったかも。

まとめ

ミノウラのサイクルトレーナーMD640のベルトテンション調整方法をご紹介しました。10分程度で静かに快適に走れるようになりました。

すべりが気になり始めたらベルト調整を行ってみてください。

ご紹介したMD640の商品ページをご覧いただけます

スポンサーリンク