OGKカブトのアジアンフィットとLAZERのALLフィットを比較。サイズ、重さ、あご紐の違い

2021年4月5日

OGKカブトとLAZERスフィアヘルメットを比べるための画像
LAZER「SPHERE」とOGKカブト「LEZZA」

LAZER「SPHERE(スフィア)」とOGKカブト「LEZZA」を比較してみた。ALLフィット(欧米とアジアの中間型)とアジアンフィット(アジア人向け)はどれくらい違うのか?

サイズ、重さなど実測して検証してみました。

ヘルメットのサイズ比較

ALLフィットとアジアンフィットのサイズ

LAZER(M)とOGKカブト(M/L)を実測したところ、下表のようになった。

計測箇所LAZER
ALLフィット
OGKカブト
アジアンフィット
違い
横幅(内寸)17.5cm18cm5mm
前後(内寸)21.5cm22.5cm10mm
横幅(外寸)21.5cm22.5cm10mm
前後(外寸)27.5cm27.5cm0mm
ALLフィットとアジアンフィットのサイズ表

横幅、前後ともにアジアンフィットの方が大きい。外寸の長さは27.5cmと同じであった。横幅はアジアンフィットのOGKカブトが1cm大きい。

LAZERのALLフィットは、左右5mmずつ狭められた形状でキノコシルエットになりにくいと言える。

重さの比較

LAZER「スフィア」とOGKカブト「LEZZA」の重さを計測したら以下のようになりました。

LAZERスフィアの重さを計測している画像
LAZERスフィアは251g
OGKカブト「LEZZA」の重さを計測している画像
OGKカブトLEZZAは207g
計測箇所LAZER
ALLフィット
OGKカブト
アジアンフィット
違い
重さ251.4g207.4g44g
ALLフィットとアジアンフィットのサイズ表

サイズの小さいLAZERスフィアの方が2割も重かった。ただ、装着した印象はほぼ同じと感じる。

使用して感じる違い

両ヘルメットともにダイヤル調整でしっかり固定することが出来る。OGKカブトが大きいからと言ってブカブカなんてことはない。

LAZERとOGKカブトのヘルメット後頭部を比較するための画像
LASERとOGKカブトの後頭部

OGKカブトの調整ダイヤルは後頭部にあり、LAZERのダイヤルは頭頂部にある。

LAZERスフィアのダイヤル調整部の場所を伝える画像
頭頂部に調整ダイヤルがある

実走して感じるのは、あご紐の違い。OGKカブトのあご紐は車のシートベルトのような生地で硬い。

OGKカブト「LEZZA」のあご紐が太いことを伝える画像
OGKカブトのあご紐

LAZERスフィアのあご紐は薄くて柔らかく、装着してもゴワゴワしない。

LAZERスフィアのあご紐
LAZERスフィアのあご紐

フィット感を感じるのはLAZERの方だった。

まとめ

LAZER「スフィア」とOGKカブト「LEZZA」を比較しました。おでこ回り55cmの筆者の場合、とちらもフィットさせることが出来るものの、LAZERスフィアのほうが印象がいい。

サイド部がスッキリしているし、あご紐が柔らかくて着け心地がいいから。

LAZERスフィアのサイド部が引き締まった印象だと伝える画像
LAZERスフィアのサイド部

若干重さを感じるものの、慣れの範囲と感じました。

スポンサーリンク

ウエア

Posted by M.Zero