Zwiftをお手軽に大画面で楽しむ方法2つ

Zwiftを大画面で楽しみたい!そんな願いをもつiPhoneユーザーに、お手頃価格で叶える2つの方法をご紹介します。

Zwiftを大画面で遊ぶ2つの方法

大画面でZwiftする方法は2つあります。

  1. AppleTVで接続
  2. 専用のHDMIケーブルで接続

どちらにもメリット・デメリットがあります。

接続方法メリットデメリット
AppleTV 4K無線でスッキリコスト高、要設定
ケーブル接続つなぐだけ、コスト安スマホと同じ画質
メリット・デメリット

AppleTV 4Kで大画面Zwift

AppleTV 4Kを紹介する画像
Apple TV 4KでZwiftできる

AppleTV 4Kは、外国人ライダーに多い印象です。チャット画面でよくAppleTVに関する話題が出てきます。リモコン付きで2万円強という価格は、Apple製品の中では激安で戦略的商品という位置づけ。お得に高性能をGETできます。

実際に使用した感想は、下の記事にまとめました。

簡単にご紹介しますと、

  • 起動が早い
  • 画質に不満はない
  • チャット文字が見やすい

です。とにかく使い勝手がいい。

2022年11月に、新型モデルが発売になりました。
>>こちらから2022AppleTV 4KのAmazonページをご覧になれます

純正ケーブルで大画面Zwift

Apple純正HDMIアダプタを紹介する画像
Apple純正のHDMIアダプタ

Apple純正のケーブルを使って大画面Zwiftをすることも可能。こちらは数千円とさらにお手軽。

Apple純正HDMIアダプタ
接続方法は箱に記載されている

接続は簡単で、間違えて差し込むことは出来ない構造なので安心。いつものスマホが大画面に映るだけなので、操作方法も同じ。

>>こちらからApple純正アダプタのAmazonページをご覧になれます

Apple TV 4K、ケーブル接続ともにHDMIケーブルが別途必要です。さらにケーブル接続の場合は、手元のスマホとTVまでをつなぐ長さのHDMIケーブルが必要となる点に気を付けてください。AmazonのPB商品が安くて高品質なのでおすすめです。

互換品について

純正品の半額程度で販売されていますがお勧めしません。Zwift画面はコマ送り状態でしたし、翌日には何も映らなくなったので即返品しました。十分ご注意ください。

Zwiftは大画面で遊ぶと断然面白い

景色が左右に流れていく感、ステレオスピーカーからの走行音が全然違う。臨場感・没入感がかなりアップして、前に進んでる感がすごいwww

iPhone8と42インチTV画面の大きさを比べている画像
42インチ vs 4.7インチ(手前はiPhone8)

画面の大きさの違いは一目瞭然!面積比は約80倍!

ライバルもデカくて存在感が大きくなる。負けたくない気持ちがメラメラ・・・いつも以上にパワー出ちゃう

大画面Zwiftのレース結果の画像
大画面だと頑張れちゃう

FTPは3か月で15wアップしました。

FTPが244から259に上昇した画像
熱中して思わずFTPアップ(Zpower)

純正ケーブルでも充電しながらZwift可能なので、電池切れで強制終了ということがない。200kmブルべも思う存分堪能できました。

バーチャルブルべ200kmの画像
200kmブルべも無事に完走できた

ちなみにZwift中の目線は、TV台に乗せた42インチTVだと少し見下ろす感じ。首が疲れることはない。

ケーブル接続、Apple TV 4KともにPCモニタに接続することも可能です。

Zwiftのゲーム画面を23インチのPCモニタに出力している画像
PCモニタへも出力可能

AppleTV 4Kとケーブル接続、画面の違い

ケーブル接続だと、これまでの画像のように前後各3人ずつのライダー表示ですが、AppleTV 4Kだと下の画像のように前後各6人になります。

AppleTV 4KのZwift画面を紹介する画像
AppleTV 4Kだと前後6人表示になる

レースで上位を目指すなら、気合を入れる意味でもApple TV 4Kをおすすめします。

まとめ

Zwiftを大画面で楽しむ2つの方法をご紹介しました。熱中して遊びながら脚力アップしましょう。

ご紹介した商品は以下の二つになります。クリックするとAmazonで、価格やレビュー、商品詳細をご覧いただけます。

>> AppleTV 4K 2022をご覧になりたい方はこちら

>> Apple純正アダプタをご覧になりたい方はこちら

スポンサーリンク