iPhoneをTV出力してZwiftを楽しむ方法

2019年7月23日

iPhoneの画面をTVにつないで大画面でZwiftしている画像
Zwiftを大画面で

iPhoneの画面をTVやモニタに出力する方法と必要なもの、注意点をお伝えします。

大画面でのZwiftは集中力が持続するので、練習に最適です。

iPhoneをTVに出力する方法

iPhoneをTV(モニタ)に出力するには、

  1. AppleTVで接続する、
  2. HDMIケーブルで接続する

という2つの方法がある。それぞれのメリット・デメリットは次の通り。

メリット・デメリット

AppleTV
メリット:無線接続でスッキリ、性能保証
デメリット:導入費用が高い、無線接続やアプリの設定が必要

ケーブル接続
メリット:安い、つなぐだけ
デメリット:ケーブルが煩わしい、スマホの性能にもよる

費用はなるべく抑えたいのと、AppleTV4Kよりも手持ちのiPhone8のCPUが1割ほど高速(Geekベンチ5による)なのでケーブル接続方式にした。

AppleTV4K
A10X Fusionチップ
・シングルコア:827
・マルチコア:2304
iPhone8
A11 Bionicチップ
・シングルコア:932
・マルチコア:2569
AppleTV4KとiPhone8のCPUのスコア

AppleTV4Kはシェーダーを搭載しているので画面はキレイと推察します

ご参考:iPhone CPU Score(Single-Multi)
  • iPhone7(A10Fusion):776 – 1422
  • iPhoneXS,XR(A12Bionic):1118 – 2764
  • iPhone11(A12Bionic):1334 – 3524
  • iPhone12(A12Bionic):1592 – 4112

純正HDMIアダプタで接続

Apple純正HDMIアダプタ
Apple純正のHDMIアダプタ

アダプタにはApple純正(5000円~)と互換品(2000円~)がある。おすすめは断然純正品。

安い互換品を買ったら、

  • 剛性感なし:ぐにゅっとした接続感
  • 動画がカクカク:常にカクカクするので目が疲れる
  • 映像がぼやける:アナログTVのような解像度
  • たまに画面が真っ暗になる:落ちる?
  • 二日目から使えなくなった

と不具合だらけ。すぐに返品した。

改めて純正品を買い直したら、品質が違い過ぎてビックリした。差し込んだ時のカッチリ感からして全然ちがう。

Apple純正HDMIアダプタ
接続方法は箱に記載されている

しかも互換品は認証作業が必要だったけど、純正品はつなぐだけでいい。

お役立ちメモ

HDMIケーブルは長いものがおすすめ。YoutubeやAmazonプライム動画をTVで見るときに、iPhoneをリモコン(一時停止、早送りなど)として使えるから。
(プライム動画は30日間まで無料で見れます)

TVにつないでZwift

リビングにある42インチTVにiPhone8を接続し、固定ローラーをセットしてサドルに座ったらTVを見下ろす感じの目線になった↓

ZwiftのTV画面
42インチTVに接続

漕ぎ進めるとステレオサウンドで臨場感があるし、景色も左右に流れるようでいつもの10㎞/h増しな感覚。

ライバルたちとのタイム差、パワーレシオ(w/kg)も問題なく見える。

ZwiftをTVとPCモニタに出力して比較している画像
TVとPCモニタに接続

iPhone8に比べて面積比で80倍、さすがに没入感が違う。

スマートトレーナーへの投資もいいけど、視界への投資もおすすめ。数千円と安上がりで効果的。

ライバルや景色を観察しながら走ったら、いつものルートが短く感じた。

Zwiftレースの画面
Zpowerでのレースです

結果としてたくさん走って3ヶ月でFTPが15w(Zpower)向上した。

FTPが244から259に上昇した画像
遊んでるうちにFTPアップ

また充電しながら遊べるので、200kmブルべも無事に完走できた。断トツでビリでしたが、、、

バーチャルブルべ200kmの画像
200kmブルべも無事にゴールできた

【注意点】熱がこもりやすい

スマホケースをつけたままだと、iPhone8がかなり熱くなる。処理能力がギリギリなのかも。

念のためスマホケースは取り外してZwiftしてる。

動作確認できたiOS

Apple純正なので問題ないはずだが、Amazonには「使えなかった」とのレビューもある。個人的にiPhone8で動作確認できたiOSバージョンを表に書いておく。

動作確認できたiOS12.4.1
13.3、13.5.1
14.3、14.4、14.6
表)動作確認できたiOS

まとめ

iPhoneを大画面TVに出力する方法と、大画面でZwiftした印象をお伝えしました。純正アダプタと長めのHDMIケーブルがあれば、すぐにTVに表示できます。

Zwift

Posted by 無限ゼロ