※ この記事は広告を含みます。

その自転車ヘルメット、安全マークついていますか?

2024年1月22日お知らせヘルメット

自転車で遊んでいる子どもたち
安全マークある?もちろん!

自転車ヘルメットの購入を検討されているあなた、安さ優先で決めようとしているならちょっと待ってください。その安いヘルメット、日本の安全規格を満たしていないかもしれません。

動画サイトには、国民生活センターが安全規格を満たしていないヘルメット9種類の実験動画が公開されています。

その結果、

  • 9種類すべてで衝撃を吸収できない、
  • 8種類であご紐も外れてしまう

という何の役にも立たない製品でした。

こんな商品にお金を使うのは完全な無駄遣いです。自転車ヘルメットの購入を検討されている方は、必ず安全規格をチェックしてください。

この記事では、自転車ヘルメットの安全規格と商品の一例をご紹介します。

自転車ヘルメットの安全規格

国内の安全規格は、次の3つになります。

  • SGマーク(Safe Goodsマーク)
  • JCF公認(日本自転車競技連盟公認マーク)
  • JCF推奨(同推奨マーク)

以下、詳しくご紹介します。

SGマーク(Safe Goods)

SGマーク
SGマーク(画像出典:製品安全協会

一般社団法人製品安全協会が設定した安全規格を満たす製品に付与されるマークです。

自転車乗車時、走行遊具使用時に着用するヘルメットについて、耐衝撃性、あごひも強度、脱げにくさなどを規定しています。

製品安全協会HPより

ホームページも記載のある通り、衝撃からの保護、あご紐の強度、いざという時に脱げてしまわないか?など強度実験を行って認定されています。

また、SGマークのある製品の欠陥によってケガをした場合、治療費を賠償してくれる制度もあります。

SGマーク賠償制度では、事故が製品の欠陥により起こったと認められた人身損害について妥当と考えられる範囲で損害を賠償いたします。対象となる主な損害は入院費、通院治療費、通院交通費、休業損害等になりますが、事故の結果から妥当と認められる範囲となります。既往症の治療、被害者の希望による治療や個室利用料等は、損害の対象外となる場合があります。

製品安全協会HPより

ただし有効期限があって、自転車ヘルメットの場合は、

新品購入日より3年間

と定められています。

有効期間を過ぎてしまったヘルメットは損害賠償の対象外となります。ヘルメットは新品を購入して3年ごとに買い替えましょう。メーカーも耐用年数を3年に設定しています。

SGマークのヘルメット

帽子風であったり、中高生専用にデザインされた製品などがあります。下の画像はいずれも日本メーカー「OGK」の製品です。

OGK Sicure ヘルメット
OGK SICURE
(画像出典:Amazon
OGK Libero ヘルメット
OGK Libero
(画像出典:Amazon
OGK TESTA
(画像出典:Amazon)

動画で見るとイメージしやすいです↓

JCF公認(Japan Cycling Federation)

JCF公認マーク
JCF公認マーク
埼玉ロードレース
埼玉ロードレース

日本自転車競技連盟の安全規格です。競技用ヘルメットなので冷却のための通風口が多くあるのが特徴です。通風口が大きすぎないか、その大きさなども細かく規定されています。

ロードバイクで自転車競技に参加する方は、このJCF公認ヘルメットを購入する必要があります。

JCF公認の競技用ヘルメット

JCF公認の競技用ヘルメットはおよそ下の画像のような製品です。軽量で蒸れないので快適です。

OGK Kabuto Izanagi
OGK Kabuto Izanagi(画像出典:Amazon

JCF推奨(同)

JCF推奨マーク
JCF推奨マーク

JCF推奨マークは、レースには参加しない方向けのJCF規格です。通風口が目立たないデザインが多く、SCマークとJCF公認ヘルメットの中間的な存在です。

Canvasヘルメットの着用画像
OGK Canvas(画像出典:OGK

1万円を超えがちなJCF公認ヘルメットに比べると、数千円とお求めやすい価格設定も魅力です。

海外の規格は安全なの?

海外の安全規格には、CE(欧州)、GS(ドイツ)、CPSC(米国)などがあります。

  • CE(EN1078)マーク(欧州連合の欧州委員会)
  • GSマーク(ドイツ製品安全法)
  • CPSCマーク(米国消費者製品安全委員会)

CEマークは欧州で認定された安全基準です。カヌー用ヘルメットなどにもCEマークがついていますので、自転車用(CE EN1078)であることを確認してください。

海外メーカーの中には、日本の規格を取得していないところもあります。SGやJCFマークのある製品をおすすめします。

まとめ

自転車ヘルメットの購入を検討されているあなたにおすすめするのは、SGマーク、JCFマークのあるヘルメットです。

安全規格を満たしたヘルメットの購入に補助金を出している自治体もありますので、今ならお得に購入できます。自治体の予算には限りがありますので、補助金が欲しい方はお早めに。