Garminウォッチの充電トラブルを解決

Garminウォッチの充電をしたはずなのに残り電池が30%しかない・・・なんて経験を繰り返しました。試行錯誤しても復活とはならずケーブルを買い換えました。

Garminを充電できない!

不調の始まりは新品購入して3年が経過したころ。充電ケーブルを接続しても「充電中」を知らせるバッテリー残量が表示されなくなった。

接触が悪いのかと、何回かカチカチと抜き差しして使っていました。その後、本体を吊り下げるように接続すると反応がいいことに気づき、しばらくはそれでしのいでいました。

しかしパソコンに接続すると意図せずにON/OFFが繰り返されるなど、本体への悪影響があるのでは?と心配になって買い替えを決意しました。

純正チャージングケーブルを購入

ガーミン純正のチャージングケーブルを紹介する画像
ガーミン純正のチャージングケーブル

購入したのは純正ケーブルです。Vivoactive3に適合するのはこちら↓

Garmin純正チャージングケーブル
安心の純正ケーブル、スムーズに充電できる

互換品と比べると高価ですが、安いの買って何回も失敗しているので純正品を選びました。返品の手間や労力、耐久性、本体への悪影響を考えると結局は純正品のほうがお得だという考えです。

新品と劣化したケーブルの違い

新品と手持ちのケーブルを見比べたところ、端子を縁取っているプラスチックカバーの厚みが違う。ほぼ毎日充電していたので、この縁がすり減って緩みが発生していたのかも。

ガーミン純正チャージングケーブルの端子画像
劣化品と新品の端子

あとは端子の色ですね。新品はピカピカして輝きがあります。

新品を接続してみると「カチッ」と大きめの音。外すときも「カチッ」と気持ちよく抜けます。一発で認識してストレスフリーになりました。ようやく充電ストレスから解放されました。

まとめ

Garminウォッチ「vivoactive3」を充電できずに困っていました。充電ケーブルの劣化と目星をつけて純正ケーブルを購入したら、カチッと接続されてスムーズに充電できるようになりました。パソコンとの接続もバッチリ。

もう無駄な時間を使わずに済みます。

Garmin純正チャージングケーブル
安心の純正ケーブル、スムーズに充電できる