Garminウォッチの心拍データをZwiftと連携させる

PCでZwiftされている方は、Garminウォッチを心拍センサーとして活用できます。これはPCにUSBタイプの「ANT+アダプタ」を取り付けることで簡単に実現可能です。

Appleデバイス(iPhoneやiPad、AppleTVなど)でZwiftされている方は、この方法では出来ません。Bluetooth接続をおすすめします。

Garminウォッチを活用する場合は「ANT+アダプタ」が必要

USB ANT+スティックを紹介する画像
ANT+アダプタ

Garminウォッチの「ANT+」規格をPCに認識してもらいためには、USBタイプの「ANT+アダプタ」を取り付ける必要があります。

早速、PCにつないでZwiftしてみます。

Garminウォッチを連携させる方法

ガーミンウォッチの心拍転送モードを説明するための画像
ガーミンウォッチの心拍転送モードを有効にする方法

GarminウォッチをZwiftに認識してもらうまでの設定手順をご紹介します。

USBをPCに差し込む

WindowsにこのANT+アダプタを認識してもらいます

Zwiftを起動する

ANT+アダプタが有効となっている状態で、Zwiftを起動します

Zwiftにログインしてペアリング画面にする

Zwiftをペアリング画面にしたらGarminウォッチの設定を始めます

Garminウォッチを心拍設定モードにする

画面を長押しして心拍設定モードにします

心拍転送モードをオンにする

心拍設定画面の一番下にある「心拍転送モード」をタッチ

この設定はバッテリーを消費します

と表示されたら画面タッチ

心拍転送モードを開始しますか

と表示されたらチェックマークをタッチ

Zwift画面でGarminウォッチを選択

接続されたことを確認してください

うまく設定できれば、2秒くらいでZwiftがGarminウォッチを認識してくれます。

Garminウォッチを認識したZwift画面
Garminウォッチを認識したZwift画面

このとき「Garmin Vivoactive」などとGarminウォッチの機種名が表示されるのではなく、「HR Strap」とだけ表示されました。右には「ANT+」接続を示すマークが表示されています。

ちなみにパワーメーターなどもこのUSBタイプの「ANT+アダプタ」を使えば、Zwiftと接続できます。

FC-R7000用の左クランク4iiiiパワーメーター
FC-R7000のパワーメーターも同時接続できた

GarminウォッチでZwiftできた

Garminウォッチを使ってPCでZwiftしている画面
Garminウォッチの心拍数が表示された

ペアリングされた状態でZwiftを始めたら、左上のデータ欄に心拍数が表示されているのが確認できました。57wがパワーメーターの数値で、50rpmがケイデンス、99bpmが心拍数です。

HR-12の胸ベルト式センサーに比べると、手首に巻くだけなので気楽に感じます。またGarminウォッチは元々防水仕様なので、Zwift後にサッと丸洗いして汗を洗い落とせます。

また、ライドレポートがアップロードできるようになったのも嬉しい。

これまでiPhoneでZwiftしてた時は、走行後のタイムラインがアップロードが出来なかった。どうやるんだろ?と個人的に謎でしたが、この「ANT+アダプタ」を使うことで可能となりました。

PC上でこの画面にしておいて、手元のコンパニオンアプリでスクショを取ればOKです。

Zwiftのタイムラインがアップロード可能になったことを示す画像
タイムラインをアップロード出来るようになった

パッと見で、どういう走りをしたのかシェアできるので便利です。

Garminウォッチの心拍計の精度について

GarminウォッチでZwiftしていて気になるのは、たまに接続が切れることです。考えられる原因として、次の3パターンをご紹介します。

  1. タオルが触れて反応してしまう
  2. ベルトがきつすぎる
  3. ANT+の電波干渉

タオルの接触で途切れる

タッチスクリーン対応のGarminウォッチだと、汗を拭いたタオルがスクリーンにタッチしていつの間にか心拍転送モードがオフに・・・あるあるです。タッチスクリーンを無効化する設定が欲しいところ・・・現在、各種設定をいじってますが無理そう。

ベルトの締め付けすぎで安定しない

センサーを肌に密着させようときつくすると、下画像の前半部分のように計測が超不安定になります。頻繁に通信が切断する場合は、少しベルトを緩めてください。

走りはじめに心拍センサーが切れたり復活したりしている状態を示す画像
ストラップがきつすぎると計測できない

上の画面でも、緩めた後は落ちることなく計測できているのがわかります。

ANT+の電波干渉で途切れる

ANT+の周波数は2.4GHz帯なので、電子レンジとよく干渉します。また、近距離通信を前提としていて電波強度が弱いので、距離が遠くなると途切れます。例えばハンドルから手を放して起き上がり、タオルで身体を拭いたり飲み物飲んだりしただけでも途切れやすくなります。

この点、Bluetoothの方が安定して通信できます。どうしてもGarminウォッチを使いたい方以外は、Zwift用にBluetooth接続の心拍計を購入したほうが幸せになれます。

個人的には6センサー(Garminウォッチは3センサー)で正確に測定できるPOLARがおすすめです。

まとめ

Garminウォッチの心拍データをZwiftと連携させる方法をお伝えしました。接続が安定しない場合は、タオルやベルトの締めすぎ、PCとの距離に気を付けてみてください。

>>こちらからANT+アダプタのAmazonページをご覧になれます
※人気で品切れのため類似品へのリンクを掲載しています

スポンサーリンク