GarminウォッチとZwiftを連携させる

2021年7月27日

GarminウオッチをZwiftの心拍センサーとして活用する方法をお伝えします。PCにANT+アダプタを取り付けることで簡単に実現できました。

準備したANT+アダプタ

デフォルト状態のノートPCでは、ANT+を受信できませんのでアダプタが必要になります。今回Amazonで購入したのは、USB ANT+ Stickです。

USB ANT+スティックを紹介する画像
購入したUSB ANT+ スティック

心拍センサー購入時に検討した際は1万円近くしたのに、2000円強で買えちゃいました。早速、PCにつないでZwiftしてみます。

Garminウォッチを連携させる

USBスティックを差し込んだだけで、自動でANT+が有効化されました。これは簡単。

Garminウォッチの心拍転送モードをONにする。VIVOACTIVE3の場合は、階層が深くてたどり着くのが面倒ですが、

・設定 > センサー > 心拍 > 心拍転送モード

で設定できます。心拍転送モードをONにすると、「バッテリーを消耗します」と警告が表示されます。タッチして先に進むと、転送モードが有効になってZwiftがGarminウォッチを認識してくれました。

Garminウォッチを認識したZwift画面
Garminウォッチを認識してくれた

Zwift上では「Garmin」ではなく「HR Strap」と表示されました。右には「ANT+」接続マークがあります。

FC-R7000用の左クランク4iiiiパワーメーター
FC-R7000のパワーメーターも同時接続できた

ちなみに、4iiiiパワーメーターも「ANT+」で同時接続できました(パワーメーターはBluetoothにも対応しているので、どちらも選べるようでした)。 クリックでAmazonの詳細ページ↓をご覧になれます。

ガーミンウォッチでZwift

ライド中も普通に心拍数が表示されました。計測が不安定になることもない。パワー表示も安定していました。

Garminウォッチを使ってPCでZwiftしている画面
Garminウォッチで計測した心拍が表示された

これまでは、胸ベルトタイプの心拍センサーを使ってた。汗を吸い込んだベルトを「洗って干す」手間がなくなって運用が楽になった。

ライドレポートもアップロード可能に

これまでiPhoneでZwiftしてた時は、走行後のタイムラインがアップロードが出来なかった。どうやるんだろ?と謎だったけど、「ANT+接続PC」と「スマホのコンパニオンアプリ」を併用したことであっけなく出来た。

Zwiftのタイムラインがアップロード可能になったことを示す画像
タイムラインをアップロード出来るようになった

パッと見で、どういう走りをしたのか分かるので便利。

接続が途切れる原因と対処法

ガーミンウォッチでZwiftしていて、いつの間にか接続が切れることもありました。気づいた原因は二つです。

  1. タオルが触れて反応してしまう
  2. ベルトがきつすぎる

ひとつ目はタオルの接触です。腕の汗を拭いた際に、タオルとタッチスクリーンが反応して心拍転送モードがオフになってしまう。タッチパネルを無効化できればいいのだけど・・・現在、各種設定をいじって調査中です。

ふたつ目は、ベルトがきつすぎること。ベルトがきついとセンサーの反応が悪くなって、画像左側のように接続が途切れ途切れになります。ちなみにタオルの時は切れっぱなしです。

走りはじめに心拍センサーが切れたり復活したりしている状態を示す画像
走りはじめに心拍センサーが切れたり復活したり

途中でベルトを緩めにしたら安定して計測できたので、きつすぎは良くないと判明しました。

まとめ

手持ちのGarminウォッチをZwiftと連携させる方法をお伝えしました。格安で買えるようになったANT+アダプタのおかげで何の問題もなく実現できました。

接続が安定しない場合は、上記のタオルとベルトの2点に気を付けてください。 クリックでAmazonの詳細ページ↓をご覧になれます。

スポンサーリンク

機材

Posted by M.Zero