ブレサリアン:呼吸だけで生きてる人の本を読んでみた

ブレサリアンの本「神々の食べ物」の表紙を伝える画像
神々の食べ物

ブレサリアンとは、普段から何も食べずに生活をしている人のこと。

そんなブレサリアンの思考、生活はどうなっているのか?

興味津々でしたので、本を読んでみました。

ブレサリアンとは?

呼吸(breath)だけで生き続けるブレサリアン。気食主義者ともいう。

期間限定の断食ではない。

ダイエットとは次元が違う。

何も食べない・・・

・・・

普通に考えれば、生き続けられないはず。

  • どこから栄養を?
  • 飲み物は?
  • 病気しないの?
  • 赤ちゃん産めるの?

興味本位で読んでみた。

プラーナエネルギーで生きている

プラーナだけで生きると書かれた画像
プラーナだけで生きられるのか?

ブレサリアンは、呼吸することで「プラーナ」(エネルギー)を吸収するのだそう。

「プラーナ」を取り込むだけで、すべての細胞に栄養が行き渡るとか。

肉体的にも精神的にも霊的にも満足のいく食べ物(?)なので、「神々の食べ物」と絶賛している。

そんなにすごい食べ物ならば、

ゼロ

食べてみたい!

と思う。

ブレサリアンへの道

神々の食べ物の表紙画像
神々の食べ物

さあ、プラーナだけで生きるぞ!

わたしは今日からブレサリアン♪

ィェ━ヽ(*´∇`)人(´∇`*)━ィ!!

・・・

なんて、そんな簡単な話ではない。

じっくり5年くらいかけて「ブレサリアン」に【変身】していくのだそう。

また、食事にだけ取り組むだけでなく、精神的、霊的にも自分を磨いていく必要があるらしい。

本書では、

  • 瞑想、
  • ヨガ、
  • 食事、
  • シータ・デルタ波などの脳波、
  • 錬金術、
  • 形而上学

などが解説されているのだが・・・

・・・( ̄▽ ̄;) ウーン

正直、わかりにくい。

内容が発散しているような感じがして、全体像が見えてこなかった。

何も食べなくても出産できる

唯一わかりやすかったのは「よくある質問」という章。

お問合わせの多い質問をまとめてくださっているので、凡人にはありがたかった。

驚いたのは、

ブレサリアンでも健康な赤ちゃんを産める

神々の食べ物より

という記述。

何も食べなくても、健康な赤ちゃんを産める・・・

もはや驚きでしかない。

人類に食べ物は不要なのか?

そもそも「生きているというのが幻想」なのか?

ブレサリアンの本を読んだ まとめ

呼吸だけで生きているブレサリアンの本を読んだ。内容が多岐にわたっていて、全容を把握するのが難しい。

こんな書評を書くのは初めてですが、理解できないのだから仕方ない。

  • 食べ物って何なのか?
  • 生きているって何なのか?

雑食主義者の自分の脳では、分からなかった。

追記:「何も口にしない」と書きましたが、ジャスムヒーンさんは「お茶」が好きだそうです。

2018年1月11日体のケア,書評

Posted by 無限ゼロ