ふきこぼれないフタで玄米を早く楽に炊く

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」で炊飯中の画像

先日購入したふきこぼれないフタ

ガス炊きで白米が美味しく炊けるので、玄米も炊けるか?と挑戦してみました。

玄米を早く炊く方法

玄米は水を吸いにくいので「ひと晩水につける」など時間がかかるもの。

しかし、ネットで見つけた「びっくり炊き」という方法だと、1時間もかからずに炊ける。

炊き方は後で説明しますが、

炊いている途中で冷水を入れる
⇒お米がビックリ!
⇒外皮が割れる!

ことで早く炊けるよう。

びっくり炊きに挑戦

びっくり炊きでは浸水させずに、すぐに炊き始めます。

玄米のびっくり炊きの画像
すぐに炊きあがるびっくり炊き

鍋に玄米と、玄米の1.2~1.5倍の水を投入して中火~強火で加熱。

ぶくぶくしてきたら中火にしてフタをして15分ほど待つ。

バチバチ音(録音動画はこちら)が聞こえるようになったら、冷水(玄米の0.8~1.2倍)を追加して混ぜ、中火で10分ほど待ちます。

この間もふきこぼれないフタが大活躍(録画動画はこちら)。

火力を弱めていないので勢いよくブクブク!香ばしいかおりがキッチンに漂う。

火を消して10分ほど蒸らして完成です!

白米とは違う食感の玄米

ふきこぼれないフタで炊いた玄米
プチプチした食感の玄米

食べた感じは、、、

外皮がプチっと弾けるご飯

という印象。

玄米食べたあとに白米を食べると、味気なく感じます。大事な部分がない、残念な印象。

玄米にして2週間の変化

玄米食にして2週間が経過。家族からは、

  1. 便が変わった、毎朝出る
  2. 玄米のほうが美味しい
  3. よく噛まないと飲み込めないので少量でお腹がいっぱいになる

という反応が。

子どもたちは玄米の方が美味しく感じるようで、お弁当も玄米に。妻は白米好きなので、玄米の混ぜご飯に。

玄米は、しっかり噛まないと飲み込めない。最初は顎が疲れる。日々のモグモグによる小顔効果を期待しちゃう。

ふきこぼれないフタの面倒なところ

ふきこぼれなく玄米が炊けるので楽なのですが、気になることが一つある。

洗うのが面倒・・・

玄米を炊いたあとは、蓋の上に糊状の汚れが残る。ゴシゴシと力を入れて洗わないと落ちない。

時間にしたら1分程度ですが、他のフタより時間がかかるので手間に感じる。

炊飯器で炊く玄米

炊飯器で炊いた玄米
炊飯器で炊いた玄米

IH炊飯器でも玄米は炊ける。

おすすめはGABAが1.4倍になる玄米熟成モード。浸水なし、2時間ちょいで炊ける。

ただ5.5合炊きの炊飯器だと玄米は3合までしか炊けないのと、香りの良さはガス炊きに及ばない。

玄米を早く楽に炊く:まとめ

「ふきこぼれないフタ+びっくり炊き」で、玄米を早く楽に炊けました。

気軽に香ばしい玄米を炊きたい方におすすめします。

2017年2月18日調理器具

Posted by 無限ゼロ