ふきこぼれないフタで玄米を早く楽に炊く

吹きこぼれないふた「クッキングフラワー」で炊飯中の画像
ふきこぼれないフタで玄米を炊く

ふきこぼれないフタで白米が美味しく炊けた。
玄米も?と挑戦してみたのでご報告します。

玄米を早く炊く方法

玄米を炊く場合、通常はひと晩水につけておく必要がある。
もっと早く炊く方法はないかと調べたら「びっくり炊き」という方法があった。

1時間もかからずに炊ける。

時短の秘密は、炊いている途中で冷水を入れること。

お米がビックリして外皮が割れて水分を吸収することで、
あらかじめ浸水させておく手間が不要となっている。

玄米のびっくり炊きに挑戦

玄米のびっくり炊きの画像
すぐに炊きあがるびっくり炊き

びっくり炊きは浸水不要、すぐに炊き始められる。

【手順1】お鍋に玄米と、玄米の1.2~1.5倍の水を投入して中火~強火にセット。
【手順2】ぶくぶくしてきたら中火にしてフタをして15分ほど待つ。
【手順3】バチバチ音(録音動画はこちら)が聞こえたら冷水(玄米の0.8~1.2倍)を追加して混ぜ、中火で10分ほど待つ。
【手順4】火を消して10分ほど蒸らして完成です!

ふきこぼれないフタが大活躍(録画動画はこちら)。

勢いよくブクブク炊く間、香ばしいかおりがキッチンやマンションの廊下に漂う。

ふきこぼれないフタで炊いた玄米
プチプチした食感の玄米

白米とは全然違う。栄養素がギュッと詰まっている感じで、
外皮がプチっと弾ける食感が面白い。

玄米食べたあとに白米を食べると、スカスカで味気なく感じるほど。

玄米食にして変わったこと

玄米食にして2週間が経過した。

家族の評判は上々で、

  1. 便が変わった、毎朝出る
  2. 玄米のほうが美味しい
  3. よく噛まないと飲み込めないのですぐにお腹がいっぱいになる

とのこと。

特に子どもは玄米の方が美味しく感じるようで、お弁当も玄米にして欲しいと。
妻は白米好きなので、玄米との混ぜご飯で落ち着いた。

玄米を炊いて困ること

ふきこぼれないフタなら玄米が早く楽に炊けるですが、洗うのが面倒だと感じる。

炊いた後、フタの上にブクブクした痕跡が残る。
素材の問題なのか、ゴシゴシと力を入れて洗わないと落ちない。

時間にして1分くらいだけど、他が楽だけに面倒に感じてしまう。

【炊飯器で玄米】炊飯器の玄米モードでも炊けるけど、ガス炊きの方が香り良く炊ける。

炊飯器で炊いた玄米
炊飯器で炊いた玄米

まとめ

ふきこぼれないフタでふきこぼれを気にせず、玄米を早く楽に炊けた。

香ばしい香りの玄米を食べ続けて、家族で健康になりたい。

2017年2月18日調理器具

Posted by 無限ゼロ