アルミテープをルーフレールに貼り付けた結果

アルミテープでチューニングする記事、第4回め。

今回はルーフレールに設置して一般道にて検証してみた。

貼り付けた場所

前回同様にアルミテープをカットしてアンテナの近く、
ルーフレール内側に貼り付けた。

アルミテープをルーフレールに貼り付けた画像
貼り付けた場所

反対側も同様に貼り付け、準備完了。

ご参考:貼り付けてある箇所

  • ハンドル下:1枚
  • ボディ四隅:4枚
  • バンパー前後左右:4枚
  • ドアミラー左右:2枚
  • 【新しく追加】ルーフレール左右:2枚

合計13枚。

一般道で検証

実験車はいつものゴルフIV。
アイドリングストップなし。

気象条件は、晴れ、気温22度前後(エアコン使用せず)。
いつも検証している25kmのマイコース。

燃費の変化

貼付け前からのデータとあわせて比較した。

貼り付け前前回(注1)今回
走行距離25km25km25km
走行時間59分54分57分
平均速度26km/h28km/h27km/h
平均燃費9.8km/l10.4km/l10.6km/l
燃費の変化

注1:ハンドル下、ボディ四隅、サイドミラーへ貼り付け後の検証

今回は信号のつながりが悪くて
平均速度が低下・・・なのに燃費は向上。

ちなみにガソリンは満タン。
むしろ三輪車を積んでたので、重くなっていた。

ただ、前回は暑くて窓ガラスを開けて走行したのに対し、
今回は後半だけ暑さに耐えられずに開けた・・・

心当たりがないわけでもなく(汗)

※個人的な遊びで検証してますので、厳密ではないことご勘弁いただきたく思います。

乗り味の変化

前回同様、「クルマが軽い」という印象。

スーーーッと進む感じでハンドルの切り返しも軽く
走りながら燃費いいだろうなと感じる。

まとめ

走行抵抗が少ない印象で、
走りながら燃費の良さを確信できる。

挙動が安定していて、静粛性の向上も感じる。

次の記事はこちらです。
【失敗】アルミテープを貼り付けるとクルマが重くなる場所

2016年10月27日節約

Posted by 無限ゼロ