アルミテープをボディに貼り付けて燃費の変化を検証

アルミテープチューン用のアルミテープ
アルミテープ

アルミテープでチューニング、第2回め。

今回はボディの四隅に貼り付けて
乗り味と燃費の変化を検証した。

貼り付けた場所

ボンネットを開けてヘッドランプの後ろ、
左右2箇所に貼り付けた。

アルミテープチューンをボディに施す
エンジンルーム内に貼り付けた

前回、アルミテープの三角部分を折りたたんで貼りつけたけど、
今回は折らずに貼り付けてみた(三角上向き)。

アルミテープチューンをブレーキランプ内側に施す
テールランプ内側に貼り付けた

後ろも同様に、テールランプの内側左右に貼り付け(同)。
この状態で検証した。

試走して検証

ゴルフ4のスピードメーター
10万キロ走行の車で検証した

実験車は前回と同じ、ゴルフIV。
気象条件は、晴れ、気温24度前後(エアコン使用せず)。

コースは前回と同じ一周25km(2割ほど自動車専用道路、残り8割は一般道)。

燃費の変化

貼り付け前前回今回
走行距離25km28km25km
走行時間59分1時間2分54分
平均速度26km/h27km/h28km/h
平均燃費9.8km/l10.2km/l10.4km/l
燃費の変化

車速7.7%アップに対し、燃費は6%向上。

前回のテストから走行&給油をしておらず
連続走行に近い状態。

特に目立った変化はない。

乗り味の変化

今回は暑くて窓を開けて走行したため、
静粛性や微妙な変化は感じ取れなかった。

エアコンなしで窓を閉じて走れるときに
また検証したい。

まとめ

アルミテープをボディに貼り付けて、
一般道にて燃費計測した。

一般道では燃費の変化は感じ取れなかった。
より高速域での検証を行いたい。

次の記事はこちらです。
走りが軽くなって燃費アップしたアルミチューン

2016年10月19日節約

Posted by 無限ゼロ