建長寺へ紅葉見学:大木「柏槇」の力強さ

鎌倉は建長寺まで、紅葉見学と大木、柏槇(びゃくしん)を見に出かけました。

建長寺の大木「柏槇」と境内

建長寺へ

11月22日、いい夫婦の日に鎌倉の建長寺へ。

密を避けるためにも自転車で向かいました。

ただ北鎌倉あたりから大渋滞だったので、歩道で手押し。

妻と現地で待ち合わせでしたが、遅刻となりました。

建長寺の門

境内もコロナ前より人が多いような・・・。

建長寺の大木「柏槇」

大きすぎてDP2sの画角には収まらない。

建長寺の大木「柏槇」の全体像

大木撮影向きではないのは百も承知なのですが。

案内板には、「建長寺創建の際に種をまいた」と書かれてあった。

建長寺の大木「柏槇」の案内板

樹高は13m、樹齢760年、胸高周囲6.5mとある。

幹がうねりながら力強く伸びており、みずみずしさを感じる。

建長寺の大木「柏槇」の若々しい幹
柏槇の若々しい幹

このまま樹齢800年、1000年と迎えるのでしょう。

紅葉はまだ早いか

半増坊まで登って紅葉も見て来ました。

所どころ赤く、黄色く色づいてました。

半増坊への小道で

半増坊への小道で

赤く色づいているもみじ

全体的には「紅葉真っ盛り」ではなく一部だけ。

青々とした竹ともみじ

緑と赤のコントラストに見入りました。

半増坊への登り階段で

神を敬う「敬神」の石碑。

半増坊からの眺め
半増坊から境内を見下ろす

建長寺の境内とは別の御朱印をいただけます。

ひと休みして半増坊を後にしました。

建長寺へ まとめ

コロナの感染が拡大する中、建長寺へ紅葉と大木見学に行きました。

庭園前のベンチなど密を感じる場所もあって、心ゆくまでのんびりは出来ず。

ただ、日常から離れた、人力の及ばない領域へ思いをはせるのは心地よくて、いい気分転換になりました。

【ご参考】
・建長寺の拝観料:大人300円
公式HP

2020年11月22日巨木巡り

Posted by 無限ゼロ