手のしびれ、痛みを緩和:エルゴンGS3グリップに交換

ERGON GS3

手のしびれを軽減

クロスバイクのハンドルが細くて手がしびれる。酷くなると手の感覚がなくなってブレーキやハンドル操作も出来なくなるほど。

危険だしストレスの元なので早めに対策をしたい。

細いハンドルは痛みが出やすい

ハンドルが細いと圧力が狭い範囲に集中。血行が阻害されて、しびれや痛みが出やすい。

これを解消するには、

  • 腕に圧力をかけない
  • 圧力を分散させるグリップに交換

といった方法がある。

この記事では、圧力を分散させるグリップをご紹介します。

手のひら全体で支えられるグリップ

購入したのは「エルゴンGS3」。エルゴノミクス(人間工学)に基づいて設計され、手のひら全体で上半身を支えられる。

類似品がたくさんあるので間違えないようにしてください。エルゴンなら両端の角度も調整可能。裏にメモリが付いているので、左右合わせも楽です。

ERGON GS3のグリップ裏についている目盛りを紹介する画像
グリップの裏に目盛りがついている

注文したのは「S」サイズだが、エンドキャップまで実測14.5cm。標準グリップより長い。ショートハンドルに装着する場合はご注意を。

ERGON GS3のsmallサイズでも標準グリップよりも長いことを紹介する画像
交換前のグリップと比較

手のひらを乗せる部分は、円柱グリップに比べて約2倍の太さになった。

GS3の装着手順

以下の手順で装着します↓

シフトレバー、ブレーキレバーを移動させる
ハンドルを掃除する
エルゴンを奥までしっかり差し込む
角度調整、ネジ締め
キャップを取り付ける
シフトレバー、ブレーキレバーを戻す

詳細は公式HPの日本語マニュアルを参照ください。
(※ 商品には日本語マニュアルは同封されていません)

エルゴングリップは長かったので、ブレーキ&変速レバーを1cmほど中央に寄せる必要がありました。ショートハンドルへの装着はあらかじめ余裕を確認してください。

なお、両端の角の調整範囲は予め定められています。安全確保のために必ずマニュアルをチェックしてください。

GS3を装着した印象

ERGON GS3を装着したハンドルを紹介する画像
ERGON GS3を装着したハンドル

交換後の試走では、手のひら全体で上半身を支えて楽に感じた。圧迫感が減って痛みがない。

頼りなかった細いハンドルが太くなって、安心感も増した。

まとめ

自転車に乗ってて手のしびれや痛みを感じるなら、円柱のグリップから手のひら部分が大きいグリップへの交換をおすすめします。圧力が分散して手が楽になります。

他にもいろんな種類がありますので、お気に入りのデザインに変えるのも楽しいです。

ERGON GS3(Small)
しびれを軽減するグリップ