室内ローラー専用タイヤ:エリートとGORIXの比較

2020年4月7日

Zeiftの起動画面
Zwiftのタイヤ選び

室内ローラー専用タイヤはどれがいいのか?Zwift歴3年目の筆者が使ってきた、エリートとGORIXを比較します。

室内ローラー専用タイヤとは

室内ローラー専用タイヤとは、一般道路を走ることは想定されていない室内専用タイヤのこと。体育館履きと外履きが違うのと同じ理屈か。

タイヤの種類求める性能
一般的なタイヤグリップ(ドライ/ウェット)、乗り心地、軽さ
室内ローラー専用タイヤ静音性、耐久性
求める性能の違い

一般的なタイヤがグリップ力や乗り心地を求めるのに対し、ローラータイヤは静音性と耐久性が優先。ウェット性能、軽さについてもそれほど考慮されていないのも特徴。

エリート VS GORIX

これまで使ってきたのは、エリートとGORIX。それぞれの特徴とインプレッションをご紹介します。

エリート コペルトン

室内ローラーメーカーが開発した専用タイヤ。ぶん回してもスポークの「ヒュンヒュン」という風切り音くらいでとにかく静か。

耐久性については、丸1年(約12,000km)でひび割れ発生した。

固定ローラー専用タイヤのひび割れを説明する画像
エリート:12,000kmでひび割れ

コストパフォーマンスを「距離÷価格」と定義すると、12,000km ÷ 3,000円(購入価格) = 4km/円。気になる点は、バリが多くて使い始めはタイヤカスが出やすいこと。使い始めは掃除が必須。

> 関連記事:Zwiftで1年@12,000km走ったビフォーアフター

リピート後の状況報告

2本目もキッチリ12,000kmでひび割れが発生した。

Zwiftでの走行距離を伝えるための画像
2本目のひび割れ発生時の走行距離は27,655km

ひび割れの様子がこちら↓

コペルトンタイヤのひび割れ状況を伝える画像
約12,000km走行してひび割れたコペルトンタイヤ

まだ乗れるものの全周にわたってひび割れが発生した。

GORIXタイヤ

GORIXタイヤは新品時のバリもなく、使い始めからタイヤカスはゼロ。見た目から品質の高さを期待したけど、ペダルを回すとウォンウォンとエリートタイヤでは聞こえなかった音がする。

耐久性に関しては走行約3,000kmでひび割れ発生。

GORIXのホームトレーナータイヤのひび割れ
GORIXタイヤのひび割れ

ポコッと少し膨らんで、回転させるたびにコトンコトン音がするようになった。ちなみにGORIXのコスパは、3,000km ÷ 2,500円 = 1.2km/円となった。

まとめ ローラータイヤならエリート

GORIXとエリートのローラータイヤを使用した結果、静音性と耐久性の両方でエリートがよかった。

比較項目エリートGORIX
静音性◎:静か△:ウォンウォン音
耐久性(ひび割れ目安)◎:12,000km△:3,000km
コスパ◎:4km/円×:1.2km/円
タイヤカス×:バリが多く、使いはじめは要注意◎:出ない
エリート VS GORIX

値段も装着しやすさも変わらないので、個人的にはエリートがおすすめです。

※人気商品のため品薄となっています

Zwiftタイヤ

Posted by 無限ゼロ