クロスバイクにガーミンエッジ130plusを取り付けた

2021年9月14日

ガーミンエッジ130プラスをクロスバイクに取り付けた画像
ガーミンエッジ130プラスを取り付けた

クロスバイク「RAIL ACTIVE」にガーミンのサイクルコンピューター「エッジ130プラス」を取り付けました。サイクルコンピューター選びから取り付け、試走インプレッションまでをご紹介します。

落車して購入を決意した

サイクリング中に、ガーミンウォッチをチラ見して落車したことがあった。目線を外してる間に段差に乗り上げて転んでしまった。幸いにも単独落車で、20kmにも満たない低速だったので、ケガをすることもさせることもなく自転車も無事でした。

やっぱり怪我はしたくないし、大事なパーツを壊したくない。少しでも落車のリスクを減らそうと、サイクルコンピューターを購入することにしたのです。

サイクルコンピューター選び

長く安心して使うためには、信頼性のある商品を買いたい。機材に無頓着な管理人でも知っているメーカーは、ガーミンとレザイン。ガーミンを選べば、従来通りガーミンコネクトでデータ管理できるのが魅力。一方で、レザインは電池の持ちと割安な価格が魅力となる。

ガーミンとレザインは愛用者が多いので、正直、どちらを選んでも正解と思う。

自分は月イチくらいの日帰りソロライド(箱根往復:約7時間、ヤビツ往復:約5時間など)で使うので、充電してから出かければ130プラスの13時間で十分。

逆に日々の通勤ライドで使いたいなら、充電の手間を減らせるレザインの大容量タイプがいい。

価格に関してはPayPayモールの5のつく日曜日に買って、予算内に抑えるようにしました。

ガーミンエッジのスペック比較表↓を作成しましたので、よければご覧ください。 画面の大きさ、タッチパネルの有無、地図機能、グループライド対応などで差別化されているのが分かります。

項目130Plus5308301030Plus
タッチパネル
画面解像度303×230322×246同左470×282
無線IFBluetooth,
ANT+
Bluetooth,
ANT+,wifi
同左同左
電池の持ち13時間20時間同左24時間
ルート作成スマホ同左デバイス上同左
ルート案内矢印で方向指示地図上で案内同左同左
ルート数30100同左同左
登録地点数100200同左同左
リルート
パワーメーター
対応
LiveTrack
Group
Message
GroupTrack50人
税込定価22,880円41,580円※63,580円※94,600円
AmazonLink130Plus5308301030Plus
GARMINのサイコンスペック表

ガーミンエッジ130プラスを購入

ガーミンエッジ130プラスの付属品を紹介している画像
ガーミンエッジ130プラスの付属品

結局、ガーミンエッジのエントリーモデルである130プラスの本体のみモデルを購入しました。画面サイズはガーミンウォッチのvivoactive3よりひと回り大きいくらい。

GarminEdge130Plusとvivoactive3の画面サイズを比較している画像
GarminEdge130Plusとvivoactive3

ハンドルやステムに取り付ける台座とゴムは付属しているものの、アーム状のアウトフロントマウントは付属してませんでした。

純正アウトフロントマウントを購入

ゴムではちょっと不安なので、純正のアウトフロントマウントを購入しました。

こちらはPaypayモールで見つけられずに、Amazonでの購入です。

ガーミン純正のアウトフロントマウントを紹介する画像
ガーミン純正のアウトフロントマウント

高級感のある仕上げ。ボルトはマウント本体と同色に塗装されていて目立ちません。クランプ内側には滑り止めゴムがあらかじめ装着されているので、しっかり固定できる。

さらにクロスバイクのフラットバーにも装着できるよう、ゴム製のシムも同封されていました。工具も付属なのですぐに取り付けることが出来ます。本体をマウントに固定する際も緩み、ガタが全くない精密感たっぷりな装着感です。

さっそく試走に出かけました。

ガーミンエッジ130プラスのインプレ

ガーミンエッジ130プラスをフラットハンドルに取り付けた画像
ガーミンエッジ130プラスをフラットハンドルに取り付けた

純正マウントだけあってサイコン全体のフォルムが整っています。マウントの上っ面が下にオフセットされているので、サイコンがハンドルから浮き上がってしまうこともありません。色合いも統一されていて、まとまりがいい。

GPSの捕捉は玄関を出て鍵を閉めてる間に完了してたので、すぐに走り出せました(自転車は屋内保管です)。

ステム先端から画面中央部までは約5cm、130プラスの先端までは約9cm。ガーミンウォッチよりも目線の移動が少なくて済むし、片手ハンドルにもならない。メガネが手放せない近眼&老眼な筆者でも、視力が良くなったかな?と勘違いするくらい見やすい。

ガーミンエッジ130プラスをクロスバイクに取り付けた画像
ガーミンエッジ130プラスを取り付けた

ガーミンウォッチの心拍転送モードを使って、画面左下のように心拍数の表示もできました。ただ信号待ちで心拍数を見比べていたら、表示がズレることもあったので多少タイムラグがあるようです。

試走した日は曇りでしたが、雨になったとしてもIPX7の防水性能(一定時間水没してもOK)があるので安心して走れました。

まとめ

ガーミンウォッチをチラ見して落車したことで、チラ見&片手ハンドルの危険性を痛感しました。安全に走行データを確認するために、ガーミンのサイクルコンピューター「エッジ130プラス」を購入。走行中の見やすさに感動しました。

やはり安全あってのサイクリングなので、サイクルコンピューターやヘルメットは必需品だと改めて感じた落車でした。落車してケガをする前の購入をおすすめします。クリックでAmazonの詳細ページをご覧になれます。

スポンサーリンク

クロスバイク

Posted by M.Zero