ガーミンVIVOACTIVE3の充電速度:約1時間で残量14%から満タンになった

ガーミンVIVOACTIVE3の充電速度を記録しました。「low battery」と警告が出た残量14%の状態から、約1時間で満タンになりました。

サイクリング終了と同時に警告表示

サイクリングを終了してデータを保存しようとした時、ブルブルッとガーミンが振動。画面を確認すると「low battery」の表示。そういえば、昨日充電しなかった。

帰宅して、ガーミンを充電開始すると残量14%の表示。ここでサイクリングデータを見ている数分の間に、26%まで回復。この時点で「はやい!」と感じました。

ガーミンの充電中の画像
11時55分に残量26%

5分後、電池残量は37%表示。11%も回復した。

電池残量37%と表示されたガーミンの画像
12時、37%まで回復

5分で11%回復するペースなら、残り63%は30分以内で終わるはず。充電完了時刻は、12時半ごろか。しかし、実際にはそうは行かなかった。

12時10分の計測を逃し、11分に計測。57%。つまり、11分で20%の回復。少しペースダウン。

電池残量57%と表示されたガーミンの画像
12時11分、残量57%に

そして10分後の12時21分、電池残量は74%表示。この10分で17%回復と、ペースは徐々に低下している模様。

電池残量74%と表示されたガーミンの画像
12時21分、74%に

あと9分で26%は厳しい。20分くらいかかる?と気長に待つ。

しかし、残量95%からが長かった。100%になった時刻を確認したいので待ち続けるも、なかなか1%が進まない。そしてようやく100%を確認。時刻は12時49分でした。

電池残量100%と表示されたガーミンの画像
12時49分、100%表示になった

充電を開始してから数分は記録がないものの、約1時間で残量14%から100%になった。毎日充電すれば、入浴時間中に終わる速さ。使い勝手はいいと言える。

まとめ

ガーミンVIVOACTIVE3の充電速度は約1時間と速い。ガーミンの公式HPによれば、

スマートウォッチモードは最大7日間、GPSモードは最大11時間

わたしの個人的な使用感では、GPS5時間とライフログ2日分という電池容量なので必要十分。電池容量と充電速度のバランスが、よく考えられていると感じました。