チャクラ年齢を20代相当に整えるチベット体操を始めた

「5つのチベット体操」表紙の画像

老化が進んで衰えたチャクラは互いのバランスが悪く、回転スピードも鈍っているらしい。そんな衰えたチャクラを20代の健康な人レベルに整え直すことで、70代の人でも半分ほどの年齢にしか見れないように!?怪しい、、、怪しすぎる!そんなチベット体操を始めてみた。

若返りは本当なのか

著書の中で紹介されている「体験者の声」がすごい。

体験者の声(本書より要約)

  • 若返り:15歳は若く見られる、髪の毛が生えてきた
  • 健康に:痛みが消えた、蓄膿症が治った
  • 活性化:記憶力がよくなった、気分よくエネルギーがあふれる

もちろん本当かどうかはわからない。これは実際にチベット体操に取り組んで、自分で確かめるしかない。70代でも30代に見られる、15歳も若く見られる、本当にそんなことあるなら、

やらない理由がない!

というわけで始めることにした。蓄膿症の父親にも、運動不足の母親にもオススメしておいた。

病気療養中の方は、必ずかかりつけの医師とご相談いただき、医師の了承を得てから開始してください。始めるにあたっての本書の注意事項を、よく読んでから開始してください。

チベット体操とは?

チベット体操とは、冒頭でも紹介したように「7つのチャクラを整える体操」のこと。

西洋人が、肉体が歳をとり、衰えていくのは、自然の法則だと考える。しかしラマ僧は、内面を見つめることにより、これが自己の思い込みに過ぎない幻想であると知ったのだ

引用:5つのチベット体操(p.50)より

チャクラを整えることでホルモンバランスが正常になり、まるで若返ったとしか見えないような状態になるらしい。怪しい、怪しすぎる!

具体的な、5つのチベット体操がどのようなものかは、本書で学ぶか、もしくはネットで検索してみてください。

わたしが見た限りでは、ヨガインストラクター宮田さんがチベット体操を解説してくださっている動画(クリックで動画サイトへ)が分かりやすかった(音声が出ます)。

動作の順番や身体を反らせる速さなど、本だけでは分かりにくい点が大変参考になりました。

実は第6の儀式もある

5つの体操を繰り返し行うことで身体が若返り、エネルギーがみなぎるようになるそう。ここで、このエネルギーを発散して行使するのではなく、第7チャクラにまで上昇させることで最高の若返りパワーとなるとか。

エネルギーを上昇させることができれば、人間は精神力を増すことができるばかりでなく、肉体をも若返らせることが出来る

引用:5つのチベット体操(p.82)より

しかし、筆者はこの第6の儀式(体操)を一般人にはオススメしていない。修行僧のように、肉体や性生活を捨ててでも解脱や悟りを求める人にだけ取り組んで欲しいよう。

まずは5つの体操をマスターして、その先に進むのかどうかは、その時に各自で選択すれば良い。

食事法のアドバイス

チベットのラマ僧は「食事のとり方にも特徴がある」と、この本の中で紹介されています。それは、

  1. でんぷん類と肉類を同時に食べないこと
  2. コーヒーにはミルクやクリームは入れないこと
  3. 食べ物を液体状になるまで噛み、食事の量を減らすこと
  4. 毎日1回、生卵の黄身を食べること。食前か食後。
  5. 1度の食事で摂取する食物の種類を、できるかぎり減らすこと
引用:5つのチベット体操(p.94,95)より

何種類もの食べ物を同時に胃の中に入れてしまうと、それらが

胃の中で衝突(化学反応)して「ガス」を発生させ、肉体に苦痛を与えたり、寿命までも縮めてしまう

引用:5つのチベット体操(p.90)より抜粋

と。子どもの頃から疑問に感じていたのですが、「やっぱり」という感じ。

食べないこと、少食なことが少なからず健康によいのは、この「食べ物の衝突」を最小限に抑えることで、肉体へのダメージを減らせるという要因もあるのでしょう。

朝は野菜、昼は肉や魚、夜はお米という1食を3回に分けて摂取するような食事法がいいのかもしれません。これなら調理も楽ですし・・・

まとめ

古本屋さんで偶然出会った「5つのチベット体操」、シンプルなのに何より体験者の声が凄いのに驚く。もうやらない理由はないので、やります!

2018年のテーマは「若返り」になりそう。みんなでツヤツヤの「20代」になろう!

amazonで若さの泉「チベット体操」を見る

楽天で若さの泉「チベット体操」を見る