Zwiftに「CAT EYE」心拍センサーを接続してiPadで運用

2019年2月22日

Zwiftに心拍センサーを接続した

Garmin Vivoactive3でサイクリングの心拍数を計測してたけど、iPad上のZwiftでは認識してくれない。調べたら「ANT+」ではなく「Bluetooth」ならつながるらしい。なので「Bluetooth」心拍センサーを購入して早速接続してみました。

GarminをZwift心拍計として活用するのはやめた

当初はGarmin Vivoactive3の心拍センサーを使ってた。しかしiPadは(Zwiftは?)認識してくれないので、Zwift中はGarmin Vivoactive3をチラ見するという・・・何か違和感。

Zwiftにガーミンを認識させようと調べたら、

  1. WAHOO KEYのANT+トングル(\9,000くらい)
  2. iPadに差し込むためのライトニングアダプタ(数百円)

を別途買う必要があると。しかもライトニングの差し込み口が塞がってしまうので、充電しながらZwiftが出来ない。電池残量を気にしながらZwiftするのはストレス・・・

なので方針転換してBluetoothの心拍センサー「キャットアイのHR-12」を購入した。

HR-12はZwiftにおすすめな心拍センサー

キャットアイ(CAT EYE) 心拍センサー HR-12 サイクルコンピュータ用
キャットアイ 心拍センサー HR-12

HR-12は日本メーカー製で、胸に巻くベルトタイプの心拍センサー。ANT+トングルより安いし、充電しながらZwift出来るのでストレスフリー。

箱をあけたら、中身はセンサー(ボタン電池は付属してた)、ベルト、ペラペラの説明書2枚。

キャットアイ(CAT EYE) 心拍センサー HR-12 サイクルコンピュータ用

肌に密着させる部分(左右2か所)を水で濡らし、パチンとセンサーを取り付けて体に巻き付ければ準備完了。Zwiftを起動したら自動で認識してくれた。

Zwiftのデバイス接続画面

簡単で驚いた。

Zwiftでの使用レビュー

当たり前だけど、途中で途切れることも変な数値になることもなかった。シンプルに心拍を計測するという目的は十分に達成できた。

ZwiftでSSTトレーニング中の画面

Garmin Vivoactive3に表示される心拍数を見ながらでもZwift出来るけど、1つの画面内に表示されたほうがやっぱり見やすい。トレーニングにも集中できる。

Zwiftのライドレポート画面
左右のデータは違う日のもの

Zwift終了時に表示されるライドレポートにも、コンパニオンアプリにも心拍グラフが表示された。練習後にトレーニングを振り返る際も見やすくなった。買ってよかった。

装着ベルトの長さは調節可能

心拍センサー「HR-12」のベルト

ベルトは伸縮性のあるゴム製だし、長さ調節も可能。筆者の胸囲100cmに合わせて調整すると、約10cm余る(2重になっている部分)。なので余りを全部引き出せば、胸囲120cmまでは対応できそう。

装着ベルトの洗濯事情

HR-12で唯一気になったのは、ベルトの衛生面。ベルトのタグをみると「40℃までの湯温で洗濯機での通常洗濯OK」表示。しかし「漂白剤NG」とある。

我が家は酸素系漂白剤を追加投入して洗濯機を回すので、一緒に洗えない。なのでシャンプーで手洗いしてる。洗面所で着替えるついでにひと手間かかる。

また、1日のうちに複数のレース(練習)をこなす場合、洗ったベルトが乾いてなくて装着時にヒンヤリとする(
「乾燥機NG」 のため自然乾燥必須)。快適性を追求するなら複数ベルトを用意したほうがいい。

HR-12の電池交換

Zwiftの走行記録

2月下旬から使い始めてひと月強、1500㎞くらい走行した時点で電池切れ。走行中に心拍がゼロ表示になったりした。電池は一般的な「CR2032」型のボタン電池。固めの裏フタを開けて入れ替えるだけ。

2019.5.14:2回目の電池交換

前回の電池交換からひと月強、同じようなタイミングで異常表示。やはり1500km、50時間ほどで電池が消耗するようだ。電池交換すれば復活するので故障ではない。

心拍センサーHR-12をZwiftに接続してiPadで運用 まとめ

iPadでZwiftするなら、Bluetoothの心拍センサー「HR-12」がおすすめ。自動認識で簡単だし、ANT+トングルより断然安い。日本メーカー製なのでサポートも安心。ただし、予備の電池は常にご用意を。

CR2032電池:まとめ買い必須。