固定ローラー(Zwift)用にセラSMP「HELL」を購入した

お尻が痛くならないセレSMPのサドル「HELL」

コンフォート系のサドルで固定ローラーに乗っていると、ポジションが安定せずに疲れる。そこで、前傾姿勢を前提に作られたセレSMPの「HELL」サドルに交換。ストレスが減ってペダリングに集中できるようになりました。

フォームが変わればサドルも変わる

今までの屋外サイクリングでは、平均速度が20~25km/h。景色や周囲の交通状況を見ながら(身体を起こし気味に)走るには、クッションの効いたサドルPLUSHが快適だった。

しかし固定ローラーに乗ると、クッションのせいで身体が安定せずに漕ぎにくい。かといってデフォルトのサドルでは「止血」されて漕ぎ続けられない。

どうしたものか・・・

悩んだ結果、この機会にコンフォート系サドルは卒業することに。そしてセレSMPのHELLを購入した。

セレSMP HELLサドル 4つの特徴

セレSMP HELLサドルの特徴は、次の4つ。

  1. 軽い:286.9g
  2. クッションはほどほど
  3. レールが長い
  4. 全体で支えてくれる

重さは約287g

HELLサドルの重さを計量している画像
実測286.9gだった

HELLサドルの重さは実測286.9g。コンフォートPLUSHは約401gだったので、100g以上軽くなった。

クッションは適度にある

硬すぎず、柔らかすぎず絶妙。前下がりにセットしてペダルにパワーをかければ、必要十分だと感じる。「前傾姿勢+レーパン着用」が大前提で、「気楽に街乗り」というサドルではない。

結局、乗り方と骨盤のサイズで合うサドルは変わる。

レールが長くてポジションの自由度が高い

SELLE SMP HELLのレール長を説明した画像
HELLサドルはレールが長いので調整幅が広い

PLUSHサドルのレール長が約8cmなのに対し、HELLのレール長は約10.5cm。前後調整の幅が広いので、乗り方、コースに合わせてセッティングを変えられる。

全体で支えてくれる

出典:SELLE SMP

坐骨を曲面で支えてくれるので、どこか1点が痛むことはない。ただ、椅子に座るのと同じで圧迫感はある。パワーをかけ、ポジションに変化をつければ、止血されたりしびれることはない。

幅は細目なので、骨盤の大きさが合うのかは確認が必要。

骨盤の大きさを測るには、椅子に座って前傾姿勢にしたまま、お尻の出っ張った左右の骨の間隔を測る。定規を当てながら出っ張りを指で押さえて、この辺かな?と見ればいい。

そして骨盤の大きさ+2㎝くらいのサドル幅を選べば、骨盤全体がサドルに乗って安定する。大まかな目安であり、個人差もあるので参考程度にしてください。

HELLのデメリット

HELLサドルのデメリットは見慣れないデザイン。くちばしのように先端が下がった形状は独特で、好き嫌いが分かれそう。サドルがレーパンのパッドに引っかからない、という期待していなかったおまけがあった。

HELLの外観

いくつか画像をアップしておきます。

SELLE SMP HELL
滑り止めのような加工がされている
VELO PLUSHとSELLESMP HELLを並べて上から撮影した画像
PLUSHに比べて細くて薄いHELL
VELO PLUSHとSELLESMP HELLを並べて後ろから撮影した画像
クッションの厚さがぜんぜん違う

【追記】2019.4.18:ヤビツ峠でも快適に走れたけど、骨盤の広さに対して幅が狭いと判明。

まとめ

HELLサドルの4つの特徴とデメリットをご紹介しました。ポジション固定で漕ぐことになる固定ローラー。止血されるサドルでは15分が限界。PLUSHはクッションが厚過ぎて安定しない。HELLは2時間はいける(それ以上は足が疲れて乗れない)。

サドル選びは、乗り方と骨盤の広さが大事。相性は個人差が大きいので、ご参考程度にしてください。