腰痛の救世主、コンフォートサドル「PLUSH」に変えた

VELO「Plush」サドル

初ヤビツ峠から腰痛ライダーとして腰を大切にすることを決めた管理人。早速サドルを交換。有りえないくらい快適になった。今回は、そのサドルをご紹介します。

腰痛ライダーに最適なサドル「PLUSH」

腰痛のままチャリに乗ると、

  • 段差の度にズシン!「ヒィィィ><;」と腰に響く
  • ヒルクライムで力が入らずに練習の成果を発揮できない

と散々な結果に・・・。そこでクッションの効いたサドル「PLUSH」に交換してみた。

一番下のPLUSH。リラックスポジション向けと書かれています。

BASSO「リスモ」にデフォルト装着されていたのは一番上のタイプで、小さくて細いエアロサドル。上半身を点で支えるタイプで、エアロポジション向けらしい。

脚力が強くてパワー増し増しな上級者はこれでいいと思うけど、管理人は初心者でパワーなしなし。重い上半身をしっかり支えてくれるサドルのほうがいいに決まってる。

VERO「PLUSH」のレビュー

走り始め、乗り慣れたMTBに近いと感じた。路面の段差は角が取れてマイルドになり、アスファルトの細かなガタガタ振動もベールに包んでくれる。分厚いクッションの恩恵を存分に感じる。

サドルは確かに大きい。見た目にもインパクトあるデカさ。けれど形状がいいのか「漕ぎにくい」なんてことはない。逆に痛みというストレスから解放されて、快適に走れる。

乗り方に合ったサドルを選ぶ大切さを改めて感じました

初PLUSHで三浦半島を一周しましたが痛みがないので「もっと走りたい!」と江ノ島まで足を伸ばしたほど。腰痛から解放されたサイクリング、やっぱり最高です。

自己ベストが出た

自転車40km走のタイム
40kmの自己ベスト更新

なんと40km走の自己ベスト更新してました。しかも平均心拍122bpmという低さで。腰の痛みがないって最高。

サイクリング中の心拍数

平均時速23km/h、消費カロリーは1404kcal、高度上昇843mでした。楽だった。

まとめ

腰痛になったのでクッションの効いたサドル「PLUSH」に交換したら、超楽になったことをご紹介しました。腰痛ライダーの方は、試して見る価値ありです。