【初心者向け】正しいペダリングについての学びまとめ

正しいペダリング

NHKBSのチャリダーやYoutube動画で学んだ「正しいペダリング」をまとめておきます。意識せずに出来るように慣れば、初心者脱出は間違いない。

間違ったペダリング

まず、間違ったペダリングをまとめておく。チャリダーで初心者が陥りがちなペダリングを紹介してた。

ペダルが下がり切るまで踏み続ける

ペダルが6時の位置になるまで踏み続けると、それ以上踏んでも推進力にはならない。それどころか、反対側のペダルを踏む動作の妨げにもなって二重のエネルギーロスになる。

また6時にある下がらないペダルを踏んでしまうと、膝を痛めたり腰が浮いたりしてしまう。

力任せに踏む

ペダルを力任せに踏むのも間違ったペダリング。すぐに疲れてしまう。太ももの筋肉だけでなく、お腹や脇腹の筋肉も使って身体全体でペダルを回した方が疲れない。

さらに小石があったり濡れたりして滑りやすい路面で、バランスを崩して落車の危険も。

腕や膝を突っ張る

腕や膝を突っ張ると路面からの衝撃を吸収できずに、まともに受けてしまう。ハンドルを握る手首が痛くなりがち。

また、身体で衝撃を受け止められないのでタイヤに負担がかかってパンクしがちに。

上半身を左右に振る

登りでキツくなってくると上半身が上下左右にブレがち。これでは余計にエネルギーロスしてしまう。

正しいペダリング

ここからは正しいペダリングのまとめ。上級者が実践している効率の良いペダリングとは・・・

12時から3時まで踏むペダリング

ペダルを踏むのは12時から3時まで。感覚的には上の方だけをちょんちょんとリズムよく踏む感覚。

正しいペダリング

踏む、抜く、踏む、抜く、の繰り返し。力を入れるのは「ほんの一瞬」。

頭を動かさない

これはYoutube動画で学びました。

静かなローラー台を探していて偶然見つけた。体幹を鍛えておく必要性がわかる。

手足の力を抜く

手足の力を意識的に抜くと疲れにくくなる。路面からの振動ストレスが減り、急な横風、落下物にも対処しやすくなる。

前を見る

これはペダリングとは関係ないけど大事なこと。

サイクルコンピューターと「にらめっこ」では、危険回避の判断が遅れてしまう。一瞬の油断が落車につながるので、数字は帰ってからゆっくり楽しむべし。

まとめ

チャリダーTVやYotube動画で学んだ「正しいペダリング」についての学びを、まとめてご紹介しました。正しいペダリングの練習方法については、ドクター竹谷さんの著書から学べます。