30万キロカロリー消費して何kg痩せた?ダイエット報告

Zwiftの画像

ダイエット目的でサイクリングを始めてから1年と1ヵ月が経過。累計で13,615km走り、約30万キロカロリー消費。さぞかし痩せたかと思いきや、減った体重はたったの3㎏。しかし、体重以外の変化がうれしいという報告です。

効率の悪いサイクリングダイエット

30万キロカロリー消費して78㎏から75㎏になったので、単純計算で体重1㎏減らすのに10万キロカロリーも消費しなければならない。 「ダイエット=体重を減らす活動」と定義するなら、サイクリングは労力のわりに効果が少なすぎる!

しかも、2018年10月の計測からは1㎏ちょいの増加(汗)・・・

でも、やめるつもりはない。なぜなら楽しすぎるから。

体重減少を超えるサイクリングの楽しさ

体重減少以外に目を向けると、メリットの大きさを感じる。

  • ストレス解消できる:景色が楽しめる、気分がいい
  • 体形が整う:見た目スッキリ
  • 体力向上:心肺機能、脚力の向上
  • ガソリン代節約:車に乗らなくなった

何より、ストレス解消して気分がいい。自転車で走り回るだけで気分転換になる。汗もかいて、心も身体もデトックスできた。

普段の買い物、待ち合わせ、馬券引き換え、参拝など自転車で済ませられ、ガソリン代や電車賃の大幅な節約に。この3ヶ月、給油してない・・・

体力向上して変わってきたのは、「もっと遠くもっと高く」とチャレンジ精神があふれ出てること。このワクワク感は内面の充実感だけでなく、外見にも影響してるはず。

この調子で続けたらどうなるのか?自分でも楽しみ。

前回からの走行データ

前回、2018年10月のダイエット報告からの走行データをまとめます。

走行距離(km)消費カロリー(kcal)
11月1,20523,841
12月86118,851
1月89215,720
2月1,52830,694
3月1,76639,338
合計6,252128,444

年末まではリアルサイクリングでしたが、固定ローラーをGETしてからは、ほぼZwiftでのバーチャサイクリング。FTPやペダリングパワーが計測できるので客観的に体力を測定できて面白い。

おかげでさらにモチベーションがアップしてる。

Zwiftのコース記録などは、サイクリングデータ記事にまとめました。

塩辛が手放せない

いか塩辛の画像

汗を大量にかくので、塩分の補給は必須。最近は、暖かいごはんの上にたっぷりの塩辛が好み。塩分をしっかり摂ることで、食事後の満足感も高い。

お菓子はほとんど食べなくなった。子どもも甘いものが嫌いになってる。

まとめ

30万キロカロリー消費して減った体重はたったの3㎏。しかし、それ以上に心と身体のゴミは排出され、気力と体力がチャージされた。

サイクリングで体重は(そんなに)減らないけど、楽しい日々を送れてることに感謝。自転車LOVE。