自転車保険は自動車保険の「自転車事故補償特約」がおトク

自転車で事故を起こした場合、状況によっては相手方の損失を補償する必要もあるでしょう。SBI損保のHPを見ると相手方への賠償で数千万円という事例もあるようです。自転車乗りには必須の自転車保険への加入を検討し、自動車保険に付加できる「自転車事故補償特約」にしました。

自転車保険に入る2つの選択肢

自転車保険に加入するには、2つの選択肢があります。

  1. 自転車保険に単独で加入する
  2. 自動車保険の「自転車事故補償特約」に加入する

自動車保険に加入されていない場合は、選択肢は(1)のみに。

今回、auの「自転車保険」シルバーコースとSBI自動車保険の「自転車事故補償特約」を比較してみました。

自転車保険(au損保シルバー)自転車事故補償特約(SBI損保)
価格(円/月)1360円300円
損害賠償保険
(相手へ)
3億円1億円
傷害保険
(自分へ)
死亡保険400万円1000万円
後遺障害40~1000万円
医療保険入院,手術など細かく設定あり一律5万円

auの自転車保険シルバーコース、SBI損保の自転車事故補償特約ともに家族の自転車事故も保証してくれるのは同じ。

また、auの場合は「特約」という一括りではなく、キチンと補償内容と金額を吟味して決められるのも魅力。相手への補償を大きくしたいなら、au損保がいい。

子どもが自転車で転んでいるイラスト画像

小さな子どもの自転車事故など、予想できない「万が一」を考えれば安心。

自動車保険の「自転車事故補償特約」に加入

自転車事故補償特約 - 1日あたり10円! – SBI損保の自動車保険

我が家の場合は、子どもは既に保険に入っているので考慮は不要でした。また、自転車保険に必要なニーズがカバーされているであろう「特約」。1日10円とお手頃価格だし、「自転車事故補償特約」にしました。

SBI損保の自動車保険に加入していたので、マイページから補償内容の変更手続きにて完了。まだ加入されていない方、加入状況が不明の方は、保険会社のマイページを確認されることをオススメします。