トレイルランナー「スコット・ジュレク」強さの秘密

2017年3月5日

スコット・ジュレクの著書「Eat & Run」

スコット・ジュレクという伝説のウルトラランナーに衝撃を受けました。なんと彼は、肉を一切食べないベジタリアンだそう。自伝から、その強さの秘密に迫ります。

ウルトラランナー「スコット・ジュレク」とは?

2月26日に行われた東京マラソン2017をTV観戦してから、走りたい病を発症中。

膝や足の裏を痛めて遠ざかってた。

怪我の予防&回復について調べたら、スコット・ジュレクの食生活がすごいと気づいちゃった。

スコット・ジュレクは肉を一切食べないベジタリアン(ヴィーガン)

肉を食べないと余計な脂肪がつかず、軽くなって走りやすくなるとか。

全盛期にはギリシャ246km横断レース「スパルタスロン」を3連覇、50℃以上にもなるデスバレーを217kmも走る「バッドウォーターマラソン」を2連覇。

 どこにそんなスタミナが?
 タンパク質は?
 練習方法は?

そんな疑問を解消してくれた一冊が、EAT&RUN。

どうやらその秘密は、彼の食生活とメンタルにありそうなのです。

肉を食べないアスリートは疲れ知らず?

牛肉の画像
肉は食べない

肉を食べないメリットは、回復の速さだそう。練習の疲労、怪我からの回復。

疲労回復が速ければ、高強度の練習を多くこなせる。

レース中もエイドステーションで素早く回復できれば、まさに疲れ知らず・・・

スコット・ジュレクは、玄米を好んで食べるそう。

著書には、オススメレシピが20以上紹介されています。試してみる価値あり。

心の強さもアスリートには必須

スコット・ジュレク著「EAT & RUN」の背表紙
伝説のアスリート「スコット・ジュレク」

また、スコット・ジュレクの本には武士道、悟り、無我の境地、瞑想といった、スピリチュアルな言葉が数多く登場する。

200kmを超える距離を走り続ける間、自問自答が続くこともある。

 なんでこんなことしているのか?
 ソファに座って家族とTVを見ていればよかったのでは?
 この足で完走できるのか?
 リタイヤも勇気ある行動だ!いや、諦めたら負けだ!

レースの結果を左右しかねない自問自答。暴れる心の対策として瞑想や武士道、つまり「無我の境地」や「沈思黙考」を取り入れてるとか。

痛みを痛み以上に捉えない、必要以上に反応しない。痛みも辛さもあって当たり前。

ゴールを阻みかねない感覚・感情を相手にせず、沈黙を貫く。

「無我」になって走り続けることで「ゾーン」と呼ばれる境地にたどり着き、楽に疲れ知らずで走れるんだと強さの秘密を明かしています。

スコット・ジュレクの強さの秘密:まとめ

肉を食べないことで身体を軽くし、回復を早める。さらには「無我の境地」で走れば疲れ知らずだと。

強さの秘密を知り、目指すべき方向が見えたことが一番の収穫でした。