Zwiftデータをガーミンと連携して一元管理する

2018年12月20日自転車Zwift

zwiftとガーミンをデータ連携させる画像

Zwiftとガーミンコネクトを連携させて、サイクリングデータを一元管理する方法をご紹介します。

Zwiftのマイページでアカウントを連動させる

Zwiftとガーミンでアカウントを連動させるには、まずマイページにアクセスします。

左上の「SETTINGS」をクリック。

Zwiftマイページの画像

左下の「CONNECTIONS」をクリック。

Zwiftのアカウント連携設定

下にスクロールしてGARMINを探す。「CONNECT」をクリックしてアカウント情報を入力。

Zwiftとガーミンのアカウント連携設定

ガーミンにサインインします。「CONNECT」から「DISCONNECT」表示になっていれば完了です。

次回のライドから連携される

連携は次回のライドから適用になります。ライドレポートがZwiftとガーミンの両方にアップロードされます。

同一データを、Zwiftマイページとガーミンコネクトに同時にアップロードできる。超便利。

Zwiftマイページのデータ
Zwiftマイページのデータ
ガーミンコネクトのデータ

Garmin Connectからは詳細なグラフも閲覧できます。固定ローラーからの出力なので、心拍数は拾えていない。

ガーミンコネクトのデータ

負荷固定のローラーなので、一定のパワーで漕ぎ続けられる。

連携前のデータは、ダウンロード&インポート

アカウント連携前の旧データをガーミンに取り込むことも出来る。Zwiftマイページからデータをダウンロードして、GarminConnectにアップロードすればいい。

Zwiftマイページからデータをダウンロード
Downloadをクリックしてデータをダウンロード

ガーミンコネクトの右上にあるアップロードをクリック。ダウンロードしたデータを選択してアップロード出来ます。

ファイルをガーミンコネクトにアップロード
アクティビティのアップロード

以上でデータを閲覧できるようになります。

Zwiftとガーミンを連携させる方法 まとめ

ZwiftとGarminのアカウントを連動させる方法をご紹介しました。累計距離や消費カロリーが一元管理できるので便利です。

ドカ食いをやめられない人は、肉から食べよう!原因を知って正しく改善

万年ダイエット中という現実から脱出すべく、健康に痩せる方法を勉強中。どうやら肥満 ...

2000円台のサドルを乗り比べて分かったこと

中古もあるけど、どれも2000円台で買ったサドルを乗り比べてみた。 穴の位置、サ ...

レーサーパンツがずり落ちるのでSanticビブパンツを購入した

今までお手頃価格で高品質な、Santicレーサーパンツを履き続けてきた。しかし長 ...

【VO2Max計測】わずか9ヶ月でアラフィフがアラサーに!20歳も若返った

2018年3月にガーミンを購入して初めて計測した最大酸素摂取量は39ml/kg/ ...

パワーが伸び悩んでるのでフラットペダルからビンディングペダルに交換した

今までZwiftもサイクリングも、一般的なフラットペダルで漕いでた。しかしロード ...