Zwiftのライドデータをガーミンと連携させる:自動アップロードの設定

2018年12月20日自転車Zwift

zwiftとガーミンをデータ連携させる画像

Zwiftとガーミンコネクトを連携させて、サイクリングデータを一元管理する方法をご紹介します。

Zwiftのマイページでアカウントを連動させる

Zwiftとガーミンでアカウントを連動させるには、まずマイページにアクセスします。

左上の「SETTINGS」をクリック。

Zwiftマイページの画像

左下の「CONNECTIONS」をクリック。

Zwiftのアカウント連携設定

下にスクロールしてGARMINを探す。「CONNECT」をクリックしてアカウント情報を入力。

Zwiftとガーミンのアカウント連携設定

ガーミンにサインインします。「CONNECT」から「DISCONNECT」表示になっていれば完了です。

次回のライドから連携される

連携は次回のライドから適用になります。ライドレポートがZwiftとガーミンの両方にアップロードされます。

同一データを、Zwiftマイページとガーミンコネクトに同時にアップロードできる。超便利。

Zwiftマイページのデータ
Zwiftマイページのデータ
ガーミンコネクトのデータ

Garmin Connectからは詳細なグラフも閲覧できます。固定ローラーからの出力なので、心拍数は拾えていない。

ガーミンコネクトのデータ

負荷固定のローラーなので、一定のパワーで漕ぎ続けられる。

連携前のデータは、ダウンロード&インポート

アカウント連携前の旧データをガーミンに取り込むことも出来る。Zwiftマイページからデータをダウンロードして、GarminConnectにアップロードすればいい。

Zwiftマイページからデータをダウンロード
Downloadをクリックしてデータをダウンロード

ガーミンコネクトの右上にあるアップロードをクリック。ダウンロードしたデータを選択してアップロード出来ます。

ファイルをガーミンコネクトにアップロード
アクティビティのアップロード

以上でデータを閲覧できるようになります。

Zwiftとガーミンを連携させる方法 まとめ

ZwiftとGarminのアカウントを連動させる方法をご紹介しました。累計距離や消費カロリーが一元管理できるので便利です。

【ハンドルカット】肩幅に合わせて幅を狭くしたら乗りやすくなった

購入したクロスバイクについてたフラットハンドルの幅は54cmだった。肩幅47cm ...

【FTP崩壊:248W→228W】2か月、FTP練習をサボった結果

5月は風邪ひいて、6月は落車の痛みで思うように練習が出来ない日が続いた。全く乗ら ...

リベンジ!【Tour of Watopia】Stage 6 Against the Clock

GW中に風邪をひいてゴホゴホしながら走った、ツアー・オブ・ワトピアの第6ステージ ...

サドル沼から脱出!お尻の痛みから解放された方法

自転車で長い距離を走るとお尻が痛くなる。サドルを変えてみたり、クッション入りのパ ...

Tour of Watopia【第7ステージ】~ヒルクライム決戦~

4月から参加しているバーチャル・ステージレース、ツアー・オブ・ワトピア。最終第7 ...