アラフィフがZwiftで初レース!【Tour of Watopia】Stage1

2019年4月10日サイクリングの記録Zwift

ツール・ド・ワトピア

自転車に乗り始めて1年ちょい、クロスバイク乗りの初心者がロードレースに初参戦。Zwiftならロードバイクを持ってなくても、クロスバイクでレースに参戦できちゃう。とりあえずペースがわからないので、FTP(239W)付近で走りきる!を目標にした。さて、結果はいかに?

ウォーミングアップ

フラットコースを9㎞走行。360~490Wくらいまで回したり休んだりのインターバル。強い負荷をかけておくと、通常走行の200Wあたりが楽に感じる錯覚を使う。

スロースターター脚質(年のせい?)なので9㎞のウォーミングアップでは足りないけど、スタート時間なので切り上げた。

空気入れの空気圧とクロスバイク

空気圧をチェックして、チェーンに油さして、いざ参戦!

初レース:Tour of Watopia Stage1

ツール・ド・ワトピアの第一ステージはアップダウンのある28㎞くらいのコース。一週間の中で何回か同一レースが開催されるので、都合の合う時間に参加すればいい。この便利すぎる「Zwiftレース」、今後さらに普及するに違いない。

ツール・ド・ワトピア

開始直前のスタート地点。周りについていけるか不安でいっぱい。

スタート直後はもみくちゃ状態。何が何だかわからないまま、200Wくらいでペダルを回してた。ふと見た順位は260位だった。

開始5分、相変わらず200Wちょいのペース。順位は229位と少しアップした。

ツール・ド・ワトピア

坂を登り始めたら周囲がペースアップ。負けじと240~260Wで回す。

5分毎に画像を残したかったけど、気づけば16分も経過してた。約10㎞の地点で221位。

ツール・ド・ワトピア

250~270Wあたり。ひたすらペダル回してた。

20分の節目も逃し、撮影できたのは開始から21分経過した、13.5㎞地点だった。今更ながら、順位は集団の中で入れ替わってるだけだと気づく。

ツール・ド・ワトピア

ここまで平均時速40㎞/hくらい。一人ではありえないペース。集団走行のパワーを実感。

30分経過。パワーが落ち気味。集団のペースも落ちてる。下りで足を止めてる人もいた。その人たちを抜いて順位が急上昇。

ツール・ド・ワトピア

結局、この集団のままゴールまで流れ込んだ。集団メンバーに「Ride on!」ボタンを連打して終了。

結果は163位/619人。平均パワーは241W。

ツール・ド・ワトピア

FTP付近で走り切る!という目標を達成して満足。

反省点

初レースを終えて反省すべき点もあったので、記録しておく。

  • 汗拭き過ぎた:いつもの癖で腕を流れる汗をタオルでふきふきしながら走ってた。無駄なことしてた。
  • 水分補給忘れた:初レースで緊張。補給を忘れてた。汗拭くより補給だろ。
  • 扇風機:いつもより強くしたけど、もっと強くすればよかった。汗がやばかった。

アラフィフがZwiftで初レース! まとめ

周囲の息遣いは聞こえないし、風圧もスピード感もないのでリアルレースとは全く違うのだろうけど、個人的には十分楽しめた。参加費、遠征費もかからず、予定も合わせやすい。誰でも参加できる敷居の低いレース。また参加したい!

(注)Zwiftを存分に楽しむには、毎月の課金が必要です。

レーサーパンツがずり落ちるのでSanticビブパンツを購入した

今までお手頃価格で高品質な、Santicレーサーパンツを履き続けてきた。しかし長 ...

【VO2Max計測】わずか9ヶ月でアラフィフがアラサーに!20歳も若返った

2018年3月にガーミンを購入して初めて計測した最大酸素摂取量は39ml/kg/ ...

パワーが伸び悩んでるのでフラットペダルからビンディングペダルに交換した

今までZwiftもサイクリングも、一般的なフラットペダルで漕いでた。しかしロード ...

iPhoneの画面(Zwift)をTVに出力できるデジタルAVアダプタを購入した

iPhone8でZwiftをやるようになったら、文字が小さすぎて見えない!ライバ ...

ハンドル幅が広すぎるので、肩幅に合わせてカットしたら乗りやすくなった

購入したクロスバイクについてたフラットハンドルの幅は54cmだった。肩幅47cm ...