【失敗しない機材選び】Zwiftで使っている機材まとめ

2019年5月14日パーツZwift

Zwiftで使用している機材の画像

機材選びが面倒なZwift。失敗したくない、どれを使ったらいいか分からない、と悩む人のために、Zwift満喫中の筆者が愛用している機材をご紹介する。

【自転車】ドロップハンドルを選ぶべし

BASSOのクロスバイク「レスモ」
筆者はクロスバイクでZwiftしてる。手のしびれが目下の悩み

何が言いたいかと言うと、フラットハンドルでは手がしびれるのだ。長時間、同じ姿勢で乗り続ける乗るZwiftでは、屋外走行よりもあちこち痛みが出がち。筆者は、ERGON GS3を装着して手のしびれは緩和させてる。これから買うならドロップハンドルをおすすめ。

また、お尻の痛みについては、お尻の痛みとの戦いを終わらせた記事を参考にして欲しい。8ヶ月に渡って試行錯誤したこと書いた。

固定ローラー関係の機材選び

固定ローラーは静かさ優先、レース優先で選ぶものが変わる

Elite Qubo Fluid box

筆者は集合住宅に住んでいるので、とにかく静かさを優先させた機材選びをした。色々調べた結果、液体抵抗を使ってるELITE Qubo Fluidが「静かだ」とのインプレッションが多かったので決めた。

傾斜に合わせてガチャガチャ変速する必要もないので、TVドラマを見てる人の横でもZwiftできる。

250Wあたりでもうるさくない。昼間ならマンションでも全力で踏んでいける。ただ、

固定ローラーの注意事項

など使用上の注意は守るべし。使い始めの頃は、ローラー専用タイヤが硬くてガタガタしたけど使っているうちに馴染んだ。

一方、ガチでレースに参戦して上位入賞を目指すなら、Zwift公認のスマートトレーナーかパワーメーターが必須。頑張って漕いだデータが速すぎても、疑われることなく「公式データ」として扱ってくれる。

筆者の「QuboFluid」でもレースに参戦できるし、順位もちゃんと出る。しかし、パワー送信機の設定次第で変なデータを送ることもできるので、公式データとしては採用されない。

練習用のホイール

練習専用のリアホイールWH-R501を購入。体力づくり目的のZwiftには必要十分。このホイールに13-26T(13,14,15,17,19,21,23,26)スプロケットを別途取り付け、専用タイヤを履かせてる。

13-26Tでは、インナーと13~17を、アウターと19~23を使ってる。Qubo Fluidの場合、インナー34-15の90回転強で220~250W、回し切れば380Wまで伸びる。レースでもほぼこのギア。

足の調子が良ければアウター50-21,19を使うこともある。スプリントは50-19を回し切れば550Wあたり。50-17では700W超える。体力づくりには十分すぎる負荷。

【心拍計】キャットアイのHR-12

キャットアイの心拍計

難しい設定をせずとも、自動認識してくれるキャットアイのHR-12。ただし電池の減りが早い。50時間ほど使うと、心拍数表示が突然ゼロになったり戻ったりとおかしな表示になる。電池交換で復活する。詳細は記事を参照してください。

【iPad or PC】Zwift表示用

Zwiftの画面を表示させるのに当初はiPad(mini3)を使用していた。しかし、まれに走行中(特にレース中)にZwiftアプリが落ちてしまうことがある。ネット環境なのか、iPadmini3の問題か原因は特定できてない。

ノートPCでは落ちたことないので、レースはノートPCで参加してる。Zwiftの設定をいじって画質を落とせば、それほど高性能なPCでなくとも表示できてる。

【スマホアーム】iPadminiでもガチっと固定

iPadminiでZwiftする場合は必須。重量感のあるカラーボックスに取り付けて、ハンドル前まで伸ばしてる。1000円程度と安いし超便利。

失敗しないZwiftの機材選び まとめ

これからZwiftを始める人が機材選びで気を付けるべきことは、レース優先か、静かさ優先か、で選ぶものは変わるということ。レース仕様のものは高精度が求められるので、当然高くなる。静かさ優先ならデータ精度がそれなりになる。

ダイエットなのか、レースなのか、体力づくりなのか。目的にあった機材を揃えるべし。

【ハンドルカット】肩幅に合わせて幅を狭くしたら乗りやすくなった

購入したクロスバイクについてたフラットハンドルの幅は54cmだった。肩幅47cm ...

【FTP崩壊:248W→228W】2か月、FTP練習をサボった結果

5月は風邪ひいて、6月は落車の痛みで思うように練習が出来ない日が続いた。全く乗ら ...

リベンジ!【Tour of Watopia】Stage 6 Against the Clock

GW中に風邪をひいてゴホゴホしながら走った、ツアー・オブ・ワトピアの第6ステージ ...

サドル沼から脱出!お尻の痛みから解放された方法

自転車で長い距離を走るとお尻が痛くなる。サドルを変えてみたり、クッション入りのパ ...

Tour of Watopia【第7ステージ】~ヒルクライム決戦~

4月から参加しているバーチャル・ステージレース、ツアー・オブ・ワトピア。最終第7 ...