TOPEAKサドルバッグ:Mサイズの取付け画像

2018年11月1日

TOPEAK「Mサイズ」の取付画像

ネットショッピングでは、毎回サイズ選びが悩ましい。今回、TOPEAKサドルバッグのMサイズを購入しましたので、取り付けた画像をアップしてご紹介します。

TOPEAKサドルバッグ「M」サイズの装着イメージ

下は、クロモリロードに取り付けた画像です。

TOPEAK「Mサイズ」の取付け画像

フレームサイズは51cmです。横から見て大きすぎず、小さすぎず。

次に、後ろからの画像。

TOPEAK「Mサイズ」の取付け画像

PLUSHというコンフォート系の大きめなサドルから、左右はみ出ることなく収まっています。反射テープの下に引っ掛けられるフックがあるので、CATEYE付属のクリップを使ってテールライトを取り付けています。

2018.12.12:追記
ガタガタ道を走行中にテールライトが落下。クリップだけなく、ビニールテープなどでしっかり補強したほうがいいです。

最後に上からの画像です。

TOPEAK「Mサイズ」の取付け画像

上から見てもサドルに隠れてスッキリ。170cm、74kgの管理人が乗った限り、太ももがバッグに当たることも擦れることもなかった。よほど脚が太くない限り当たらないと思います。

乗り味もいつもと変わらない。ただただ路面に映し出される自分の影だけが、サドルバッグがついていることを主張してました。

サドルバッグに入ったもの

サドルバッグに入ったものは、

  1. タイヤチューブ(箱から出してビニール袋に入れて)
  2. タイヤレバー3本
  3. CO2ボンベ
  4. 工具(アーレンキーセット)
  5. 家の鍵

この5つ。奥行きがあるので見た目のわりに入る。そして入らなかったものは、

  1. 携帯空気入れ(商品によるかも)
  2. iPadmini(当たり前)
  3. 長財布
  4. 自転車の鍵

これらはリュックへ収納。防寒着もリュック。それでもパンパン状態のリュックが背中を圧迫していたのに比べると、ずいぶんと身軽になりました。

まとめ

TOPEAKのサドルバッグMサイズの画像をご紹介しました。大きすぎずコンパクトでおすすめ。