ギアのつながりを改善するために11-30Tスプロケットに交換

2018年11月20日パーツ買い物

スプロケットの交換

クロスバイクのスプロケットを11-32Tから11-30Tに交換。15と18の間が開きすぎて使いにくかったから。

17からの15は、18からの15とは全然違う。替えてよかった!しかし、ローが32から30になったことで、ヒルクライムが心配、、、

その辺り実走してチェックしました。

18から15では繋がらない

クロスバイクレスモの初期スプロケットは、8速の11-32T。

フロント50で平坦路を走っていると、リア18では軽すぎ。しかしシフトアップして50-15にすると急に重くなる。

シフトアップして気持ちよく加速したいのに、ガツンと脚に来て力任せなペダリングになってしまう。

パワーがあれば、排気量の大きいエンジンのようにトルクにモノ言わせて快適だろうけど、貧脚ではエンスト気味><;

軽い(50-18)と重い(50‐15)の間、快適なギア(16とか17)が欲しくなった。

下の表は、ケイデンス90での各ギアの速度を計算したもの。

ただしタイヤの外周とギア比だけの単純計算なので、空気抵抗、路面抵抗、その他コンポーネントの駆動抵抗など一切考慮していません。

表を見ると、50-18ではケイデンス90で31.575km/hですが、50-15では37.89km/hに。

その差6.3km/hは初心者にはデカい。維持するのはキツ過ぎる。

そこで18と15の間のギア17を求めて、11-32Tから11-30T のスプロケットに交換しました。

  • 11-32T:11,13,15,18,21,24,28,32
  • 11-30T:11,13,15,17,20,23,26,30

今までの50‐18の代わりに50‐17が使える。ケイデンス90で回せば、時速にして2㎞/h弱アップ。

交換手順はスプロケットに同封されていた説明書と、下記のメンテナンス本で確認。本があれば作業完了までの時間が大幅に短縮できる。

スプロケット外し専用の工具を使って10分ほどで完了しました。悩んでいた時間のほうがずっと長い。

11-30Tに変えた感想

平地での走り

11-30Tの歯数17は、ケイデンス90で33.432km/h。50-15との速度差は4.458km/hに。

50-18との速度差に比べて1.8km/h少ないだけですが、体感的にこの違いは絶大。シフトアップしたときのつながりの良さがぜんぜん違う。

路面状況によって15にしたり17にしたりと平地ではバッチリのスプロケットでした。

向かい風のとき

軽い向かい風、ゆるい登りでは50-18でよかったが、50-17でキツくなった・・・

重いギヤとのつながりが良くなった一方で、軽いギヤとのつながりが悪化した。インナーを活用すればいいのだけど、フロントのギアチェンジは億劫、、、

11段の上級コンポが欲しくなるが、維持費が高くなる。

ヒルクライム用11-30T 、平地用13‐26T(13,14,15,17,19,21,23,26)とかコースに応じて変えてみるか。

ヒルクライムでの変化

以前はフロント34‐リア32というインナーローでもキツかったヤビツ峠。当時のFTPは200弱。

しかしZwift練習でFTP248になった現在では、フロント34‐リア30で問題なく登れる。もしかすると28でも行けるかもしれない。

ただし湘南平の登りは短いものの傾斜がキツく、スプロケット交換したことを後悔した。スプロケットを戻すか体重を減らすか。

Zwift用には13‐26T(8速)を愛用中

Zwift用のホイールには、13‐26T(13,14,15,17,19,21,23,26)を使ってる。

【参考記事】

ホントは16という歯数が欲しいので、13‐23T(13,14,15,16,17,19,21,23)、12‐21T(12,13,14,15,16,17,19,21)がいいけど絶版となっていて入手できない。

まとめ

11-32Tから11-30Tのスプロケットに交換。その結果、平地では50-15とのつながりが良くなってスピードを乗せやすくなった。

一方で、向かい風や湘南平では使いにくくなった。脚力で評価変わりそう。

ドカ食いをやめられない人は、肉から食べよう!原因を知って正しく改善

万年ダイエット中という現実から脱出すべく、健康に痩せる方法を勉強中。どうやら肥満 ...

2000円台のサドルを乗り比べて分かったこと

中古もあるけど、どれも2000円台で買ったサドルを乗り比べてみた。 穴の位置、サ ...

レーサーパンツがずり落ちるのでSanticビブパンツを購入した

今までお手頃価格で高品質な、Santicレーサーパンツを履き続けてきた。しかし長 ...

【VO2Max計測】わずか9ヶ月でアラフィフがアラサーに!20歳も若返った

2018年3月にガーミンを購入して初めて計測した最大酸素摂取量は39ml/kg/ ...

パワーが伸び悩んでるのでフラットペダルからビンディングペダルに交換した

今までZwiftもサイクリングも、一般的なフラットペダルで漕いでた。しかしロード ...