お腹が汗で冷えるので、ベタつかないメッシュインナーを購入

2019年3月24日ウエア買い物

メッシュインナーの画像

Zwiftを始めて3か月が経過。順調に飽きずに漕ぎ続けている。しかし!春になって室温も上がって、汗の量がハンパない。体にベタつくシャツは不快だし、レーパンも汗ずれで痛くなる・・・

なんとか対策を!と検索して見つけたのがメッシュインナー。シャツの下に着用することで、汗を皮膚からシャツへと移動させてくれるらしい。貼りつきと汗冷えを防げるかも?と期待して購入。実際に着用してみました。

汗冷えを防ぐメッシュインナーを購入

今回はアマゾンにてお試し購入。パールイズミ謹製が欲しいところですが、大人の事情でTSデザインに決定。

メッシュインナーの画像

男女兼用フリーサイズなので、サイズ選びのストレスがなくて楽。ちなみに胸囲は80~112㎝まで対応。よく伸びる素材なので、170㎝、74㎏、胸囲100㎝の筆者が着用しても問題なかった。

そして、丈が長いので腰や下腹部までカバー。下半身の汗冷えも防いでくれたのはうれしい誤算だった。身長180㎝を超えるような方が着用しても、おそらくベルト下までは十分にカバーしてくれそうです。

メッシュインナーの画像

素材は、

  • ポリプロピレン 55%
  • ナイロン 35%
  • ポリウレタン 10%

と表示されています。

着用感

メッシュインナーの生地画像

シャツに比べて多少ゴワゴワしている。でもそれはしっかり編み込まれている証拠。この一週間、そのまま洗濯機に放り込んでるけど、ほつれとは無縁。

着用した感じは、肌に密着してぴちっとした着心地。しかし息苦しい感じはなく、脱いだ時に網目が皮膚に残ることもない。レーパンよりも少し緩い感じ。

そして上にドライシャツを重ね着すると、シャツと身体の間にクッションというか空気層を感じる。メッシュインナーの厚みは2㎜ほどだけど、体感的にそれ以上の空間を感じる。

Zwiftでの使用感

筆者が全力で漕いでもまだ1時間以上かかる、「Alpe du Zwift」ヒルクライムコースでチェック。シャツ重ね着との違いを表にまとめてみました。

シャツを重ね着メッシュインナー+シャツ
・汗が滴り落ちる
・腰が冷える
・股の汗ずれあり(1時間半~)
・汗が下に落ちない
・腰の違和感なし
・股の汗ずれ減少

ベタつかないだけでも快適性は大幅にアップ。さらに下半身の冷えや股の汗ずれ(痛み)も抑えられた。上半身から流れ落ちる汗が減ったことで、快適性が維持できた。

実走での使用感

アップダウンのあるコース、約40㎞を走ってチェック。当日の最高気温は約21℃と、3月にしては暖かい日。リュックに白い汗ジミができるほどの汗をかきましたが、下りで身体の冷えを感じることもなく快適に走行できました。

メッシュインナーの画像

肩回りはメッシュではなく通常の生地になっているので、重いものを背負ってもメッシュずれを起こすこともなく快適。よく考えられている。

下腹部までしっかりカバーするように着用したので、下腹部の冷えもなかった。

まとめ

メッシュインナーの画像

上半身の汗冷え対策、ベタつき対策として購入したメッシュインナー。予想以上に丈が長くて下半身の汗冷えまで防いでくれた。一枚で体幹をカバーできる、使い勝手のいい商品だった。

ただ、これ一枚だけ着用していると家族に怪しまれるのでご注意を。

レーサーパンツがずり落ちるのでSanticビブパンツを購入した

今までお手頃価格で高品質な、Santicレーサーパンツを履き続けてきた。しかし長 ...

【VO2Max計測】わずか9ヶ月でアラフィフがアラサーに!20歳も若返った

2018年3月にガーミンを購入して初めて計測した最大酸素摂取量は39ml/kg/ ...

パワーが伸び悩んでるのでフラットペダルからビンディングペダルに交換した

今までZwiftもサイクリングも、一般的なフラットペダルで漕いでた。しかしロード ...

iPhoneの画面(Zwift)をTVに出力できるデジタルAVアダプタを購入した

iPhone8でZwiftをやるようになったら、文字が小さすぎて見えない!ライバ ...

ハンドル幅が広すぎるので、肩幅に合わせてカットしたら乗りやすくなった

購入したクロスバイクについてたフラットハンドルの幅は54cmだった。肩幅47cm ...