お尻が痛いのでサイクルパンツを2種類買って乗り比べた

自転車が好き。もっと遠くにプチ旅行気分で漕いで行きたいけど、お尻が痛くなる・・・そこで、パッドが入ったインナーパンツとサイクルジャージを買って乗り比べてみました。

比較したサイクルパンツ

試したのは「ズボンの下に履くインナーパンツ」と「単体で履くレーサーパンツ」の2つ。

DABADAとSanticのサイクルパンツの外観を比べるために並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツ

それぞれ細かく見ていきます。

生地はインナーパンツのほうが履きやすい

DABADAとSanticのサイクルパンツの生地を比べるために並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツの生地

DABADAインナーパンツは柔らかいメッシュ生地。よく伸びるのでサッと下着のように履ける。ただ、お尻にパッドがあるのでそこは違和感を感じる。

一方のSanticは、厚めでしっかりした生地。太もも全体をビシッと加圧されるような履き心地。

どちらも違和感があるけど、DABADAのインナーパンツの方が履きやすい。

パッドはレーサーパンツのほうが柔らかい

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッド表面を比べるために並べた画像
Santicのパッド表面は起毛処理がされている

DABADAのパッドは、リュックの背中部分でよく見かける生地。Santicは起毛処理された生地で、ムレ防止のための穴がある。メッシュの方が通気性も良くて快適そうだが、汗でふやけた皮膚には起毛処理の方が優しく感じる。

パッド形状の違い

DABADAとSanticのサイクルパンツのパッドを比べるために並べた画像
レーサーパンツのパッドにはムレ防止の穴があけられている

DABADAのパッドはサドルの形そのまま。お尻とサドルの接点全体を均一にカバーする感じ。Santicは座骨が当たる部分は厚く、漕ぎやすさに直結する前側は薄くなってる。

DABADASantic
タイプ下着単独着用
履き心地よく伸びて履きやすい太ももが加圧される感じ
パッド生地メッシュ生地起毛処理
パッド形状サドルの形座骨部分が厚く、前は薄い
表)インナーパンツとレーサーパンツの比較

痛くならないのはどっち?

どちらの方が快適に漕げるのか、40kmのサイクリングに出かけて検証してみました。

インナーパンツは普段着の下に

ジーパンの下に履いて出発。座った段階ですぐにクッションを感じるし、ふわふわの座り心地で路面の凸凹も角が取れて伝わる。痛みはこれまでの半分くらい。20kmまでなら何の問題もなさそう。

長距離ならレーサーパンツ

レーサーパンツはさらに快適。前パッドが薄めなので、脚を回しやすい。さらに「インナーパンツ+ジーンズ」のように2重にならないので、ムレも感じにくい。

最後まで痛みを気にせず楽しめました。20km~ならレーサーパンツの方がいい。

レーサーパンツでバーチャルブルべ200kmを感想

Zwiftブルべのイベント告知画像
Zwiftのバーチャルブルべ

本格的に漕ぎ始めて2年目、Santicレーサーパンツを履いてバーチャルサイクリングZwiftの200kmレースに参加してみました。

初の200km、完走まで8時間もかかった(汗)。お尻の痛みとの格闘ではなかったのが嬉しい、大満足です。

まとめ

Santicサイクルパンツのデザインを説明するための画像
デザインもおしゃれなSantic

2時間自転車に乗ってるとお尻が痛くなるので、パッドがついたインナーパンツとサイクルパンツを買って乗り比べました。

結論:サイクリングを思う存分楽しむならSanticのレーサーパンツが快適!

その後もずっとSanticを使っています。

Santicレーサーパンツ
お尻にパッドがついてるレーサーパンツ