高速燃費がカタログ燃費の1.7倍になった空力&アルミチューン

2017年3月2日アルミテープチューン

空力とアルミテープで燃費アップ

空力改善で燃費アップ作戦、今回はアルミテープとエーモン工業の静音計画「風切り音低減フィンセット」を試してみました。カタログ燃費9.7km/lの車で17.6km/lを達成しました!

この前段階として、以下のアルミテープチューンを行っています。詳細は各記事を御覧ください。

風切り音低減フィンセットを購入

エーモン工業の風切り音対策フィンセット
エーモン工業の風切り音対策フィンセット

静音計画「風切り音低減フィンセット」は、高速走行時にドアミラー付近から聞こえる風切り音を低減させ、快適にするための商品。ドアミラー周辺に空気の流れをスムーズにするフィンを設置することで、音の発生を抑制する仕組み。

フィンの大きさ

各フィンの大きさは表のとおりです。

ドーム型フィン直径23mm、高さ10.5mm
ディフューザー型フィン横幅43mm、縦幅19mm、高さ7.5mm
Bピラー用フィン長さ51mm、幅14mm、高さ13mm

ドラミラーの下部にドーム型のフィン、ボディ内側にディフーザーのようなフィンを貼り付け。さらに、Bピラーに整流のためのフィンを左右3本ずつ貼り付けるのが、本来の使用方法。

エーモン工業の風切り音対策フィンセットの画像
エーモン工業の風切り音対策フィンセットの画像

今回は、Bピラー用のピンをボルテックスジェネレーターとしてルーフ後部に貼り付けました(後述)。

フィンの裏には両面テープが予めセットされていて、シールを剥がして直接ボディに接着させるだけ。

エーモン工業の風切り音対策フィンセット
シールを剥がして貼り付けるだけ

確実に接着させるために、使用上の注意をよく読んでから作業に取り掛かってください。

  1. ガラスには使用しない
  2. 気温10度以下では接着力が低下、ドライヤーなどで温めてから貼り付け
  3. 本来の接着力となるまでには24時間程度待つ

摩耗・損傷・変形などあると効果がなくなります」と書かれていますので、この形状がとても大切だとわかります。自作するよりも効果が期待できそう。

風切り音対策フィンの設置

まずはドーム状のフィンをドアミラー下部に設置。汚れを落としてからシールを剥がして貼り付ける。この時、ギュッと握って体温で温めてから貼り付けました。

エーモン工業の風切り音対策フィンセットの画像
端の方には平面がなかったので中央寄りに

前から見ると下の画像のような感じ。運転席からもフィンの出っ張りがよく見えて、つけてる感MAX!

エーモン工業の風切り音対策フィンセットの画像

次に、Bピラー用のフィンをルーフ後端に設置。

乱流翼と検索して出て来る戦闘機の翼の画像を参考にしました。濃紺のボディ色と相性が良いのか、それほど違和感がない。

エーモン工業の風切り音対策フィンセットを貼り付けた画像
ルーフに貼り付けた

ちなみにセンターから左右9cmの位置に2つ、そこから外側に向かって11cmの間隔でフィンを設置しました。接着させる前に並べて、均等になるよう位置決めしました。

ボルテックスジェネレーター設置すると燃費は良くなる?

結論は「高速燃費アップ」はもちろん、「運転が楽になる」というおまけもゲット。

以下、検証したデータを紹介します。実験車はVWゴルフ4。10万キロ走行、2リッターNA、最近見かけなくなった4AT、カタログ燃費は9.7km/lというスペック。

一般道25km周回コースで燃費検証

スタンドに寄ってガゾリン満タン、空気圧2.5に調整してスタート。

ベスト記録前回参考値今回
走行距離25km25km25km
走行時間53分46分58分
気象条件晴れ、8℃晴れ、9℃雨、8.5℃
平均速度29km/h33km/h27km/h
平均燃費11.6km/l11.8km/l10.6km/l

今回、雨でワイパー使用、そして交通量が多いという悪条件で、素晴らしい記録が出ればいいのですが結果は10.6km/l、むしろ悪い。。。

今までのベストは11.6km/l、ネオジム磁石設置した前回は11.8km/l。

そもそも!ボルテックスジェネレーターは空力パーツですから、渋滞や信号でノロノロしている間は何の効果もないわけで・・・高速走行でこそ真価を発揮するのでしょう。

2017.3.7追記:アルミテープを拡大

アルミテープをより大きなものに張り替え、さらなる燃費アップなるのか?検証しました。

今回拡大したのはリヤ周り。荷室のサイドウインドウ2箇所と左右リアタイヤ後方のバンパー2箇所、合計4箇所です。

アルミテープを貼り付けた画像

前回のリアサイドウインドウに貼り付けていたアルミテープと今回貼り付けるアルミテープ。視界確保のために太さはそのままに長くしてみました。

バックドア手前あたり、ウインドウ下部に左右貼り付け。リアタイヤ後方のバンパー部分、樹脂で出来ている箇所に左右貼り付け。ここはできるだけ長くしてみました。

リアタイヤの後部に貼り付けました

一般道25km周回コースで燃費検証

スタンドで満タン、空気圧2.5に調整して検証開始です。

ベスト記録1周目2周目
走行距離25km
走行時間53分54分54分
気象条件晴れ、8℃晴れ、14℃
平均速度29km/h28km/h28km/h
平均燃費11.6km/l10.8km/l10.9km/h

今回は気温が高く、窓を閉めての走行がキツイくらい。信号待ちの間に窓を開けたりしてなんとか暑さを凌ぐような状態。燃費も今ひとつ伸びがない感じでした。

結論:一般道では、ボルテックスジェネレーターの効果は感じない

高速道路での燃費検証

ここからは高速道路での燃費を検証していきます。複数日にまたがっての検証なので、気象条件が全く同じではありません。予めご了承ください。

【4人乗車】:2017.3.16編集

ドアミラーにも貼り付けて高速燃費の検証を行いました。

静音計画の画像

今回の検証条件は、

  • 家族4人乗車
  • エアコン一部使用
  • ガソリン満タン、タイヤ空気圧2.5

です。

4人乗車での高速燃費
走行距離49km46km
走行時間43分35分
平均速度68km/h78km/h
平均燃費16.2km/l16.5km/l

結果は、16.2km/l、16.5km/lでした。渋滞が一切なかった好条件とはいえ4人乗ってこの数字は見たことない。ノーマル状態ではせいぜい13km/l前後でしたから、20%以上の燃費アップ効果。

もしこれが一人乗車であったら、17km/l台を記録していたのでは?次回、一人乗車で検証を行いたいと思います。

【1人乗車】:2017.4.1追記

一人乗車での燃費検証です。ルートは「自宅近隣IC~羽田空港往復の首都高速湾岸線」です。結果としては初の17km/l超えを達成!カタログ燃費9.7km/lの車としてはなかなかの好燃費ではないでしょうか?

羽田⇒自宅(ガソリン半分)自宅⇒羽田(満タン)
走行距離31km33km
走行時間27分31分
平均速度69km/h64km/h
平均燃費17.4km/l17.6km/l

往路復路の検証は、違う日にちで行っているので気象条件が異なっています。

1回目はガソリン半分で走ったので、参考記録。2回目は33リットル給油して満タンにしてからの計測。結果、満タンの方が好記録でした。運転中も、あまりアクセルを踏まないのによく車が進んだ印象でした。

湾岸線はほぼ直線道路で加速減速なく走りやすいし、トンネル部分は「車の流れ=空気の流れ」となって好燃費が出やすいのかもしれません。

トンネルの画像

まだデータ不足ですが、17km/l台が2回連続で出たことは一定の成果があったと言えるのではないでしょうか。これでエコタイヤを装着すれば、さらに燃費アップしそうです。

高速道路での静音計画の印象:2017.3.16編集

高速道路では静音計画の効果を感じることが出来ました。あくまで「個人的な印象」であることご了承ください。

以前から、法定速度で走っている限りは不快な感じはありませんでした。今回「静音計画」を貼り付けたことでさらに静かに。

スピード感も減少した印象。法定速度の80km/hで走行していても、ゆっくりとした速度で走っているように感じます。長距離走る方は疲労の軽減に役立ちそうです。

高速道路100km走って燃費検証:2017.4.13追記

アルミチューンで使用していた高速コース、単独乗車での燃費計測を行いました。

往路BEST復路BEST往路今回復路今回
(エアコン)
走行距離49km43km47km44km
走行時間55分40分46分42分
平均速度53km/h65km/h61km/h63km/h
平均燃費16.1km/l16.6km/l17.3km/l15.2km/l

計測結果は表の通りで、往路は渋滞がありながらリッター17.3kmの新記録。走行感は重かったので期待せずに走っていたのですが、記録を見て驚きました。

復路は暑さのためエアコン使用しています。燃費は悪化していますが、エアコン使用でリッター15km台は見たことない。

結論:アルミテープ+ボルテックスジェネレーターで高速燃費は、カタログ燃費の1.7倍になった

GOLF4の燃費記録まとめ:2017.4.26追記

アルミテープチューン、ネオジム磁石、ボルテックスジェネレーター、一連の記事の燃費記録をまとめておきます。

DIY内容一般道燃費(km/l)高速燃費(km/l)
DIY前9.812~14
アルミハンドル下10.2
ボディ四隅10.4
バンパー14.0
16.6
ルーフレール10.6
トランクルーム
リア・サイドウインドウ
10.7(下向き)
10.2(上向き)
15.7
15.9
トランクルーム撤去10.5
エアフィルター
バッテリーボックス
アクセルペダル
ブレーキペダル
11.3
11.4
14.3
15.8
16.1
16.3
ネオジム磁石ボルテックス11.4
11.6
16.4
15.6
吸気パイプ10.615.6
16.0
ダッシュボード
センターコンソール
吸気パイプ撤去
11.1
11.8
静音計画(現在)ミラー
ボルテックス
10.6
10.8
10.9
17.4
17.6
※参考記録4名乗車16.2
16.5
エアコン使用15.2

高速燃費がカタログ燃費の1.7倍になった まとめ

アルミテープとボルテックスジェネレーターの装着で、高速燃費がカタログ燃費の1.7倍に向上したことをご紹介しました。一方、一般道では燃費の改善は見られませんでした。

レーサーパンツがずり落ちるのでSanticビブパンツを購入した

今までお手頃価格で高品質な、Santicレーサーパンツを履き続けてきた。しかし長 ...

【VO2Max計測】わずか9ヶ月でアラフィフがアラサーに!20歳も若返った

2018年3月にガーミンを購入して初めて計測した最大酸素摂取量は39ml/kg/ ...

パワーが伸び悩んでるのでフラットペダルからビンディングペダルに交換した

今までZwiftもサイクリングも、一般的なフラットペダルで漕いでた。しかしロード ...

iPhoneの画面(Zwift)をTVに出力できるデジタルAVアダプタを購入した

iPhone8でZwiftをやるようになったら、文字が小さすぎて見えない!ライバ ...

ハンドル幅が広すぎるので、肩幅に合わせてカットしたら乗りやすくなった

購入したクロスバイクについてたフラットハンドルの幅は54cmだった。肩幅47cm ...